不倫相手から慰謝料をとる証拠と条件

パートナーの不倫、浮気相手から慰謝料をとるためにはどうしたらいいのでしょうか?

不倫調査員として浮気や不倫の現場をみてきた立場から、おおまかな流れを紹介します。

  • 不倫・浮気をしている証拠をとる
  • 内容証明や話し合いで慰謝料を請求する
  • 内容証明・話し合いに応じないようであれば調停の申し立て
  • 調停を不服として断固争う場合には裁判(実際には非常に少ない)

まずは、浮気相手とパートナーとの不倫・浮気現場の確実な証拠をとることが何より重要です。浮気の確実な証拠さえとれれば、浮気相手は示談をせざるを得ません。あとは、請求した慰謝料の減額交渉したりするのが関の山。


調査力のある探偵事務所に依頼して、しっかりした証拠をおさえないと慰謝料をとりそこねる事にもなりかねません。
【参考】不倫調査の費用を安くする、たった一つ確実な方法

しっかりした証拠がとれたとしても、内容証明に不備があると、浮気相手が弁護士をつけた場合、その部分を突っ込まれます。はじめから弁護士にも相談できる探偵事務所に不倫調査を依頼するのが確実で、結果的に損をすることはないと思います。

慰謝料がとれる浮気の証拠とは

浮気相手から慰謝料をとるために一番大事なことはしっかりとした証拠をおさえることにほかなりません。これができていなければ、いくら良い弁護士をつけたところで期待した成果は得られないでしょう。

では、どのような証拠だったら十分なのでしょうか。

基本的な考え方として以下の二点

  • 浮気相手がパートナーを既婚者であると知っていたこと
  • パートナーと浮気相手との間に肉体関係があったこと
  • 既婚者であることを知らなかったと、浮気相手がしらを切ることはほとんどの場合ありません。これはパートナーと浮気相手がどのようにして知り合ったかにもよります。職場が一緒で、同僚や上司部下の関係の場合には、相手が既婚者であることを知らないのはむしろ不自然であると言えます。


    次にパートナーと浮気相手との間に肉体関係があったかどうかというのは重要な点です。この証拠には物質的な証拠(いわゆる物証)というものは少なく、情況証拠を持って二人が肉体関係にあることを証明することが普通です

    具体的な状況証拠として

  • パートナーと浮気相手がラブホテルに入っていく動画や写真
  • 双方どちらかの住まいに二人で入り、長時間滞在している動画や写真
  • パートナーと浮気相手が旅行に行った写真やホテルの領収書
  • メールや手紙で肉体関係が推測できる文言を撮影した画像
  • 一般的には、ホテルや二人のどちらかの住まいであるアパートやマンションに入っていく様子を撮影した動画や写真を証拠としておさえておけば、浮気相手から慰謝料をとるためには十分な証拠と言えます。

    【参考】不倫調査は裁判に勝てる証拠を揃えると示談になる

    証拠がなければ慰謝料はとれない

    厳密に言えば証拠がなくても慰謝料をとれるケースは存在します。これは、浮気相手がパートナーと不倫関係にあったことを認めて示談に応じてくるケースです。

    提携関係にある弁護士事務所の先生に尋ねると、意外にもなんの証拠がなくとも浮気を認める人はいるそうです。

    浮気相手に良心の呵責がないと、このようにうまくはいきません。言い逃れができないような状況証拠がどうしても必要になってきます。

    以前、奥さまが自力で不倫調査をして、ご主人の浮気現場の写真撮影に成功するケースがありました。

    奥さまは、その証拠写真でご主人の不倫を攻め立てましたが、ご主人は頑として浮気を認めませんでした。

    普通、浮気相手の名前、現住所、連絡先の情報をおさえるのは基本ですが、にわか探偵の奥さまは浮気の証拠写真を撮ることで精一杯で、浮気相手の調査をしていませんでした。

    浮気相手がどこの誰だか分からなくて、慰謝料の請求はおろか内容証明も送ることができなかったのは言うまでもありません。
    【参考】安い不倫調査費用の危険な理由。

    浮気相手に請求できる慰謝料の相場は?

    不倫が発覚した場合に、浮気相手に請求することの出来る慰謝料の相場というものに決まりはありません。

    不倫・不貞によって受けた精神的苦痛の対価として多額の慰謝料を請求することはできますが、相手が支払いに応じるか、また支払い能力があるかどうかは別の問題です。

    しかし、一般的な慰謝料の相場は、50~400万円程度と言われています。あなたが思っていたよりも少ないのではありませんか。

    しかし、たとえ示談で済んだとしても、内容証明が送られてきたり、法的措置も辞さない覚悟で慰謝料を請求されれば、相手に与える精神的なダメージは金額以上のものがあると言えます。

    また、まとまったお金を工面するためには、浮気相手のパートナーやご両親に内緒にしておくことは難しいでしょう。金額の多寡ではなく社会的制裁の意味合いも含まれていると考えることができます。
    【参考】相手次第で変わる!慰謝料の請求金額の決め方
    浮気相手に請求する慰謝料

    24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】
    SponsoredLink

    さいごに

    まれに、浮気相手との交渉を自分でする、内容証明も自分で作成するという人がいます。弁護士に依頼すると高額な費用がかかると思っているのかもしれませんね。
    【参考】浮気・不倫の再発防止に!法的拘束力のある誓約書・示談書などの統一書式。


    自分でも弁護士になろうと勉強していて、後学のために・知的好奇心を満たすために、自分でしたいというなら何も言うことはありません。

    しかし、相手が弁護士をたててまで争う、また知り合いの弁護士の助言を受けているといった場合には、到底プロには太刀打ちすることができないので諦めたほうが話が早いと思います。

    離婚する不倫の証拠の集め方と使い方

    SponsoredLink
    スポンサーリンク
    Sponsored Link