安い不倫調査費用の危険な理由。

「探偵業の業務の適正化に関する法律」が施行(2007年6月)され、探偵業者は届け出が原則となりました。

これにより、著しく悪質な探偵業者を締め出すことに成功しています。しかし、同業他社の「それってどうなの?」と、言いたくなるような話も相変わらず耳にします。

不倫調査の費用は安くありません。
【参考】不倫調査の費用を安くする、たった一つ確実な方法

しかし、信じられないような安い費用(金額)で不倫調査を請け負う業者も存在します。できれば教えたくありませんが、「蛇の道は蛇」探偵業者のブラックな一面を紹介し、その不倫調査費用が安い本当の理由を説明します。
SponsoredLink

小さな探偵業者には不倫調査の依頼が滅多にない

探偵業界というものが、一般の人にどのように思われているのか分かりません。しかし、皆さんが思っている以上に仕事が無いのが現実です。

ましてや、探偵業のメイン業務であると思われている、不倫調査は大手探偵事務所が独占状態。地方でも中堅以下の探偵業者は他の仕事で食いつなぎながら、たまに大手探偵事務所からこぼれ落ちる不倫調査を必死に受注するというのが実情でしょう。

探偵業者の仕事

  • 家出人の捜索
  • 失踪人探し
  • 結婚相手の素行調査
  • 子供のいじめの調査
  • 中小企業の信用調査
  • 企業から依頼される社員の行動調査
  • ストーカー対策
  • 【参考】浮気・不倫調査に、おすすめの探偵事務所より

    小さな探偵事務所にとって、まとまった報酬になる不倫調査は喉から手が出るほど受注したい仕事なのです。

    不倫調査が儲かる理由

    どうして探偵事務所は不倫調査を受注したがるのでしょうか?

    それは、不倫調査がうまみがある儲かる仕事だから・・。

    • 証拠をおさえるまで追加費用を払って調査を続ける人が多い
    • 一度、受注してしまえば滅多なことで業者を代えられることがない

    追加費用を払ってでも、証拠をおさえるまで調査をする人が多いのは想像することが容易でしょう。

    お客さまにとって、多少の不手際が業者にあったとしても、滅多に他の探偵業者に移ったりしないのは、パートナーの不倫という弱みを探偵業者に握られてしまっているからです。この心理的な代償は大きい。人質を取られたような気持ちのお客様も少なくないでしょう。

    一度、相談をして調査依頼をすると、個人情報と合わせてパートナーの不貞も握られます。名の知れた、大手の探偵事務所であれば情報の管理に関して、徹底されています。しかし小さな探偵事務所の情報管理は、残念なほどにお粗末と言っていいでしょう。
    【参考】不倫調査の費用を最大40%安くする探偵の頼み方

    調査で儲けようとする探偵業者のブラックな理由

    小さな探偵事務所にとって不倫調査は喉から手が出るほど欲しい仕事です。だから、思い切って安い調査費用をお客様に提示して、依頼を受注することに努めます。

    彼らが提示する調査費用は大手の三分の一程度。消費者であれば思わず飛びつきたくなる、すぐに依頼がもらえる金額を設定することがキモです。

    一度、受注してしまえば後は気楽にのんびりと不倫調査をやるといった具合。

    調査の進展がないことにお客様が苛立っても「焦らずに頑張りましょう!」などと言ってノラリクラリとかわします。お客様は滅多に業者を代えないことを彼らは経験的に知っているのです。

    浮気の証拠をおさえられない場合に業者はどうするか?

    少人数でノンビリ不倫調査をしていると、なかなか決定的な証拠をつかむことは難しいです。

    そんなときには業者も「あと一歩で確実な証拠をおさえられます。ここからさきは追加調査となるので別途費用が発生しますが最後まで頑張りましょう」と調査の延長に持ち込みます。

    調査費用は、取れるだけ取る!という悪い業者もあるのです。

    SponsoredLink

    証拠をおさえられたとき、業者はどうするか?

    少人数で、のんびり調査をしていても、調査対象(ターゲット)の行動パターンをしっかり把握できれば、簡単に浮気の証拠をおさえるとこができます。
    【参考】不倫調査は裁判に勝てる証拠を揃えると示談になる

    問題は、証拠をおさえた、その後です。

    例えば、奥さんから依頼をされて、旦那さんの不倫調査で証拠をおさえた場合です。
    奥さんからは、安い調査費用で依頼されているので、これで調査終了になると探偵事務所のうまみがありません。

    そこで、悪い探偵業者が考えるのは、不倫調査の証拠をもって旦那さんに交渉すること。
    奥さんには「浮気がなかった」と、報告する代わりに、旦那さんに証拠を高く買ってもらいます。

    業者は、旦那さんが奥さんに内緒で支払うことができるギリギリのラインを請求するというから、たちが悪い。

    さらに、この浮気がW不倫で、相手も既婚者だった場合には、浮気相手にも売り込みをかけるというから心底くさっています。
    彼らの言うには、このもみ消し・売り込み交渉は、ほとんど失敗することがないということです。

    質の悪い探偵業者には、社会的なモラルなど微塵もないことを知っておくほうがいいでしょう。
    実際に減ってきてはいますが、消費者生活センターに寄せられる探偵業に関する苦情の多くは、契約と請求金額についてが最も多いのが実態です。

    SponsoredLink

    悪い探偵業者のカモにならないために

    • 調査の前に費用の見積もりを出してもらいます
    • 調査費用が安くても、その場で決めないこと
    • 調査人数や日数(時間)など費用の根拠を示してもらうこと

    相談できる人がいなくて、不安なことは十分理解します。人が良さそうだからとパッと決めてしまわないように気をつけてください。

    信頼できる探偵業者も多くありますので参考にしてください。

    離婚する不倫の証拠の集め方と使い方

    SponsoredLink
    スポンサーリンク
    Sponsored Link