別居は離婚の準備期間。慰謝料をとるなら別居前に証拠が絶対必要。

夫婦はもともと他人同士。

血のつながりのない二人が寄り添って、時間を一緒に過ごすことで、少しずつ家族になっていく。

だから、一緒に生活すること、共有する時間が失くなってしまったら、夫婦生活を続けていくのは難しいでしょう。

結婚すると夫婦の間ではいろんなことがあります。それは、他人に話すようなことではない些細なこと、重大なことなど様々。

意見が食い違ったくらいならば、まだいい。可愛さ余って悪さ百倍、一生恨み続けるのもまた夫婦なのです。

どちらかの不倫が原因で、ぷいっと家を出て行ってしまう事があります。
これは家出といえますが、不倫相手の家に転がり込んだり、実家に帰ってしまうと、思わぬ長期化をして別居に至ることも少なくありません。

別居は離婚を避けるための冷却期間。
熱くなった頭を冷やすには効果がありますが、夫婦の愛情が冷えてしまっては元も子もありません。

お互いに反省することが別居の意義

別居は離婚を避けたい夫婦が設ける冷却期間。

一度離れて暮らすことで、お互いに冷静になり、お互いに反省をすることが目的。
どちらかが一方的に悪いようにみえることでも、よくよく考えれば落ち度はあるもの。

せっかく、お互いの顔を見ずにイライラすることがないのであれば、良い機会と捉え、相手と自分の関係を棚卸しすることが必要です。

  • 相手の言い分は的を射ているのか
  • 自分の主張は間違っていないか
  • 第三者が聞いたときに納得するか
  • 二人の生活のなかで失われていったものはないか
  • どうすればやり直すことができるのか
  • 10年後・20年後に一緒に暮らしたいと思うか
  • 相手の良いところはどこか
  • 離婚しても後悔はしないか

離れて暮らすことで生活は苦しいものになるかもしれません。
しかし、精神的な安定を代わりに得られているようであれば、考えることが大切です。

一人で暮らす、精神的な安らぎに甘んじてしまったら、もとに戻ることは難しい。離婚へのカウントダウンが始まっていると言えます。

別居から離婚までの期間

夫婦の間でいさかいが起きたときに、どちらかが家庭裁判所に離婚調停を申し立てることがあります。

離婚調停で離婚までの結果に行き当たらない場合、まずは別居をして冷却期間を置くことをすすめられます。

離婚を前提とした別居の期間は、おおむね半年から一年くらい。
その間に、お互いが納得し、条件が整えば離婚が成立します。

別居も三ヶ月を過ぎれば、離婚は自然な流れといえるでしょう。

また、別居が一年以上続くと、事実上婚姻関係が破綻したとみなされることが多いようです。

不仲な夫婦

慰謝料をとるつもりなら別居前に不倫の証拠が絶対必要

夫婦のどちらかが不倫をしていて、それが別居の理由になっている場合。

パートナー・不倫相手に慰謝料の請求をしようと思ったら、別居前に不倫の証拠をつかむことが必要です。

別居後(別居期間)に、あらためて不倫の証拠をおさえても、損害賠償請求は少額になってしまうケースがあります。

高額な慰謝料の条件は、以下の二点。

  • 不倫によって婚姻関係が破綻したこと
  • 婚姻関係破綻による精神的な苦痛を被ったこと
  • 別居期間中は、「すでに婚姻関係が破綻している」とみなされることがあります。

  • 不倫があったから、別居したのか。
  • 別居してから、不倫をしているのか。
  • これらは裁判で争点になりかねません。

    逆にいうと、別居前にしっかり不倫の証拠を掴んでおけば、よけいな争点をあらかじめ潰すことができるのです。
    24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】
    SponsoredLink

    別居後はほとんど離婚

    残念ながら、いちど別居を選択してしまった夫婦が元に戻る確率は少ない。

    別居後は、ほとんどのケースが離婚です。

    もう、顔を見るのも嫌だ。といって距離をおくのはいいでしょう。

    しかし、前述したように、お互いに反省をすることなしに、もとに戻ることはありえません。

    一度は好きあって一緒になった二人。
    結婚した後で、思っていた人と違ったことはあるでしょう。

    別居は、もう一度、考えなおしてみるための期間。

    離れて暮らすことの気楽さ・自由に逃げてしまっては、復縁することはできません。

    離婚する不倫の証拠の集め方と使い方

    SponsoredLink

    家出して別居

    スポンサーリンク
    Sponsored Link