浮気された代償はバッグ?彼氏の裏アカウントを監視した、したたかな私。

昔から私が好きになる相手は、すぐに浮気をするような相手ばかりでした。

たまたま私の男運が悪いだけなのか、私が彼氏に尽くしすぎるからなのかわかりません。
しかし、なぜか歴代の彼氏のほとんどに浮気をされているのです。

男とは浮気をする生き物だと割り切った時期もあったのですが、やはり浮気をされるのは嫌なものです。

そのため、今回こそはと思い、私が付き合った相手は、浮気をしないことを第一条件として選んだ彼氏でした。

その彼氏は私と付き合うまで25年間、女性と付き合ったことがありませんでした。
彼氏は、お世辞にも格好良いとはいえず、オシャレにもまったく興味がない人でした。

この人は浮気をしないと見込んだ私は、自分から積極的に彼氏に声をかけ、付き合うことになりました。

最初はとっても幸せでした。
彼氏は私のことだけを見てくれますし、性格的にも温厚で、付き合ってから一年、一度も喧嘩をしたことがありませんでした。

しかし、このまま結婚したいなあ、という思いを持ち始めた一年半が経ったころです。
彼氏の様子がおかしくなったんです。

SponsoredLink

オシャレになっていく彼と浮気が心配になる私

私は彼氏と付き合っていくうちに、彼氏の服を選んであげたり、というようなことをよくやっていました。
まったく服に興味などなかった彼氏が、徐々に興味が出てきたのか、次第に自分で服装などを選ぶようになり、オシャレにお金を使うようになっていったのです。

髪型もそれまでは自宅で自分で切っていたらしいのですが、ちゃんと美容室にいって、カラーを入れるようにもなってきました。

そのような変化が起きたことは、私にとってある意味では嬉しいことでもあったのですが、何だか嫌な予感もしていました。
冗談交じりに「浮気しちゃダメだよー」と言ってみたりすることも増え、そんなとき彼氏はいつも笑いながら「しないしない」といいます。

しかし私は、その言葉も段々と信じられなくなっていったのです。

ピザ

彼氏がそのような変化を見せてから、徐々に彼氏と会う時間が少なくなっていきました。

彼氏は「仕事が忙しくて」と言うのですが、それまでにそのような理由で会えないということはなかったので、一度だけならまだしも、何度もそのような理由で断られると、徐々に疑いを持つようになっていったのです。

さらに、電話をしても出なかったり、メールの返信が遅くなったり、ということもありました。
彼氏はお金が無駄だからといって、ピザなどを頼むことがあまりなかったのですが、彼氏の家に行ってみるとピザを頼んだ形跡があったり・・・。

最初は友達が来たのかな、ぐらいにしか思わなかったのですが、彼氏の様々な行動とあわせると、浮気をしているのではないかという疑いは、徐々に濃くなっていったのです。

浮気の証拠はツイッター

浮気を発見したのはツイッターがキッカケでした。

あるとき「携帯をなくした」という彼氏が自宅のパソコンのアドレスから、私の携帯にメールを送ってきたのです。

彼氏はツイッターをやっていて、そのことは私も知っていました。

その時の私はなぜそのような行動をしたのかわかりませんが、何か予感やお告げめいたものを感じたのだと思います。
いつも彼氏が使っている携帯電話のアドレスではなく、彼氏のパソコンのメールアドレスでツイッターに登録していないか検索をしてみたのです。

すると、彼氏の裏アカウントを発見することができました。
ツイートの内容を見ていると、どこに遊びに行ったのか、合コンに何度行ったのか、親しくしている女性のツイッターアカウントなどの情報を、一気に知ることができました。
【参考】体の関係がなければ浮気じゃない?裁判所の見解はコレ!

smartphone

正直、ショックでした。
浮気をしない相手を選んだつもりだったのに、またしても浮気をされたということもそうですが、私が彼氏をそのような人間に変えてしまったのではないか、という罪悪感もあったからです。

しかし、たとえ私が原因だとしても彼氏の浮気を許すことはできません。
私はそれらを全て画像として保存して、紙に印刷しました。
【参考】浮気の証拠の入手手段は関係ない?メールもLINEのメッセージも証拠として使えます。

さらに、それから一週間、その情報をもとに彼氏を尾行して、飲み会後に女の子と二人で歩く彼氏の姿も目撃しました。
二人でいるときに、携帯電話を盗み見たのですが、その中には女性からのメールが大量に残されていました。

明らかに、肉体関係があったことを証明するようなメールもあったので、彼氏の浮気を確信したのです。
SponsoredLink

浮気をするたびに増えていく私のバッグ

後日、彼氏に「浮気してるよね?」と尋ねると、彼氏はすぐに土下座をしました。

すぐに認めたので、証拠をとる必要はなかったと、私は拍子抜けしてしまいました。
その場で彼氏は二度としない、と約束してくれたので、許すことにしたのです。

ただ、彼氏には裏アカウントを発見したことは言いませんでした。監視のため泳がせておくことにしたのです。

案の定、彼氏はその後も浮気をしていました。
すでに私は彼氏に対して気持ちはありませんでしたが、浮気を発見すると、その度にバッグなどを買ってもらえるので、それを何度か続けたあとに、別れを切り出しました。

買ってもらったバッグ

私もけっこうあくどいことをしたので、もう気は済んでいます。
特に未練もありません。

浮気をしないような相手と決め付けて付き合うのも、あまり良くないことだな、と思った体験でした。


真っ暗闇の中にいた自分 夫に浮気されていることに気づきました。 夫にバレないように証拠をおさえて、 夫と浮気相手の両方から慰謝料を...
スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Link