嘘をついてまで欲しい幸せ。

私は現在33歳の男です。

29歳の時に3つ年上の女性とお付き合いしていました。

付き合い始めて半年ほど経過した6月のことです。
私も彼女も平日は仕事をしていて会えるのは週末や祝日でした。

金曜日の仕事終わりに彼女と会って食事を済ませて、そのまま一緒に私のアパートに泊まりに来ました。
二人で横になりながらテレビを見ていたら、いつの間にか彼女はすやすやと眠っていました。

金曜日だということもあり、かなり疲れていたのだと思います。
彼女の右手にはスマホが握ってあります。

私の頭の中でスマホを見たい気持ちと、見てはダメという罪悪感が交錯しました。
見たい気持ちが僅かに勝って、私は彼女を起こさないようにスマホをそーっと取りました。

普段はロックしてあるのですが、眠る前まで触っていたためロックはされていません。
(注)この記事は当サイトにお寄せいただいた体験談を一部編集してご紹介しています。
SponsoredLink

彼女のスマホはパンドラの箱

まず写真から見ていくと自撮りの写真や私の写真、二人で撮った写真、ペットの写真などがありました。
しかし次へ次へと見ていくと、彼女の職場らしき場所で若い男とのツーショット写真が2枚見つかりました。

見た目20代で爽やかな青年です。
仲良さそうに顔を近づけて撮っています。

その時は、「なんだ?誰だ…?」と思い、嫉妬しながらも職場の仲の良い友達かな、くらいに思いました。

そう思ったのも束の間で、続けて受信メールをチェックしていくと、だいたいは私や女友達からのメールなのですが、その中でとある男性から「今日は楽しかったよ、ありがとう(ハートの絵文字)」とのメールが見つかりました。

日付を確認すると1ヶ月くらい前の日曜日でした。
私は自分のスマホのメール受信履歴を確認すると、その日と前日の土曜日は私と会う約束をしていたが、彼女から「姉と二人で両親の実家へ帰ることになったのでごめんね」と言われキャンセルになった日でした。

嘘をついてまで欲しい幸せがボクだったのかい?

彼女は私に嘘を付いてこの男と遊んでいたのです。
正直青ざめました。

えっ…もしかして…と。ショックで放心状態でした。
彼女と一緒に写っている男とメール相手の男が同一人物かは分かりませんでしたが、多分そうだろうと勝手に決めつけました。

ちなみに「会って遊んでいただけで、浮気はしていないかもしれない」とは一切思いませんでした。

私との約束を嘘までついてキャンセルして、他の男と会う。
この行為だけで私の中では浮気成立です。

たとえ浮気していなくても、恋人同士ではありえない行動です。
この時、彼女を起こして真相を問い詰めようか迷いましたが、もう少し考えて気持ちの整理をして翌日に彼女に真相を聞くことにしました。

SponsoredLink

浮気され冷めてしまった彼女への気持ち

朝起きて、少し経ったところで彼女に真相を聞きました。
「なんで勝手にスマホ見たのよ、最低」などと、最初は罵倒されましたが、メールの証拠が決め手で彼女はあっさり浮気の事実を認めました。

写真の男がそのメールの相手だということも認めました。

私は彼女のことが本当に好きで、正直に言えば別れないと伝えると、その男とは以前に2回浮気をしていて今回が3回目とのことでした。

相手の男が職場で彼女を誘ってきて、彼女もその男のことを爽やかで感じがいい人だと思っていたみたいで、最初は仕事終わりにお茶だけしていたそうです。

彼女は正直に本当のことを言ってくれて、誠心誠意謝ってくれたので、私は別れることはしないでお付き合いを続けることを選択しました。

しかし最終的には好きだった感情が冷めて、その1ヶ月後に私の方から振りました。
彼女とお付き合いを続ける気でいたのですが、その気持ちは上っ面で、浮気されたことで彼女のことを信用できなくなってしまっていたのです。

もしあの時彼女のスマホを見なかったら、
私は今でも浮気の事実に気付かずに彼女とお付き合いをしているのか、
はたまた結婚していたのだろうか…。


真っ暗闇の中にいた自分 夫に浮気されていることに気づきました。 夫にバレないように証拠をおさえて、 夫と浮気相手の両方から慰謝料を...

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Link