体だけの関係と開き直る旦那に、浮気された妻の逆襲とは。

私が旦那に浮気されていることに気づいたのは結婚して半年経った頃でした。

ただなんとなく、旦那の財布にお金を入れておいてあげようと思った時です、旦那の財布に避妊具を発見したのです。
わたしたち夫婦の間で避妊具を使用する事もないのにおかしいなと思い、もしかして浮気しているかもと思い出したのです。

避妊具を実際に使っている事をまず確認したかったので、旦那には告げずに自分にだけわかる小さな印をつけてそれが無くなっていたら使ったという事なので少し様子をみる事にしました。

そこから定期的に旦那の財布の中と、会社の携帯をチェックするようにしました。

本人の携帯は絶対にロックがかかっているので見れません。
でも、もしかしたら会社の携帯でもやり取りしているかもと思ったのです。

1ヶ月ほど経って、出張から帰った旦那の財布をチェックしたところ私が印をつけた避妊具が無くなって、新しいものが入っていたので浮気を確信しました。

(注)この記事は当サイトにお寄せいただいた体験談を一部編集してご紹介しています。
SponsoredLink

失くなっていた避妊具と開き直った旦那

旦那に浮気をしているか、その日のうちに確認したところ、旦那はあっさりと浮気を認めたのです。

浮気相手とは体だけの関係で気持ちは無いから今後もきっと続けると言われてしまいました。
【参考】体の関係がなければ浮気じゃない?裁判所の見解はコレ!

まだ結婚して1年も経っていないので、自分の親にも恥ずかしくて相談できませんでした。
そこで、とりあえず旦那の親に相談してみたのです。

もちろん謝罪と旦那が悪いと私の味方にはなってくれたのですが、旦那は小さな頃からわがままで言う事を聞かずに育ったので親から注意してもきっと治らないだろうとの事でした。

私自身がそれでも旦那を好きでいてくれるなら我慢して一緒にいてほしいと言われました。

私は少し悩んでしまいました。

  • いまなら子供もいない
  • もし浮気が治らないならこの人と子供を作っていいものか
  • 病気などがうつる可能性があるかもしれない
  • 旦那が出張に行く度に、また浮気しているのかと思うと生きた心地もしませんでした。
    そこから3・4ヶ月悩んでいた頃にお正月を迎え、旦那の会社の人から年賀状が届きました。

    年賀状のコメントに浮気をほのめかすような内容の一文がありました。
    やっぱり浮気を辞めていなかったかと思うと悔しくなりました。

    私も共働きでしたが、家事の全てをして朝食・お弁当・夕食全て毎日作っていたのに、その浮いたお金で浮気をしているのかと思うとやりきれなくなったのです。

    自分が浮気されるのは許さない?

    ある日、私は近くのコンビニの店長さん(男性)と仲良かったので食事に行く事になりました。
    旦那も浮気しているし、食事くらい構わないだろうと思い夕食も作らずに遊びに出かけました。

    帰り道に、偶然私の旦那と鉢合わせになってしまったのです。
    その場で旦那と口論になり「もう帰ってくるな」と言われました。

    その日、私は食事に行っただけなのに家から追い出されてしまったのです。
    鍵もチェーンロックもかけられて家に入れずに次の日会社もあるのに、家の近くの漫画喫茶で一晩過ごしました。

    携帯でやり取りはしましたが、一向に旦那側は話しあうつもりもなく、旦那から「もう離婚やからな」と言われてしまいました。

    それで、ようやく私も離婚しようと決意しました。
    まだ私も子供もいないし、きっと他にもいい人がいるだろう、たとえいなくてもこの人と生活を続けていくよりマシだろうと思ったのです。

    次の日に、きちんと話し合いをしたところ「自分は浮気をやめないが私が他の男と話す事さえ許せない」と言われたのです。

    旦那の浮気を黙認し、私は他の男と話したりもせずに、仕事・家事をこなしていれば結婚生活を続けるとの事でした。

    SponsoredLink

    旦那を叩きだして快適な生活

    旦那が何を言っているのか、私にはもう理解することができませんでした。
    次の日には自分の親に相談し、親もそれならと離婚に賛成してくれました。

    私と旦那の家族と話し合いをしました。
    もう二度と顔も見たくなかったので、離婚届も用意してその場で書いてもらいました。

    慰謝料は、やはり額が大きかったので分割にしてほしいと言われました。
    【参考】相手次第で変わる!慰謝料の請求金額の決め方

    ただ私としてはこれ以上この人と関係を持ちたくなかったのと、何もしてくれない旦那の親にも腹が立っていたので親なら持っていると思い立て替えてもらうよう、一括で支払ってもらうように言いました。

    旦那の両親は、しぶしぶ了承して頂き、1ヶ月後には口座に振り込んでもらうようにしました。
    誓約書も書いてもらい、いま住んでいる家は私が新しい家が見つけるまでは住む。家具・電化製品はすべて私がもらい、旦那には必要最低限のものだけ持って家を出ていってもらいました。
    【参考】浮気・不倫の再発防止に!法的拘束力のある誓約書・示談書などの統一書式。

    お金の振込が確認できしだい離婚届けを提出するという形にしました。

    結婚して1年未満でしたが、旦那が出て行って自分の事だけしか家事もしなくて済むので本当に精神的にも肉体的にも楽になりました。

    慰謝料を頂いた後には、携帯番号も変え一切連絡も取っていません。
    子供がいなかったから比較的スムーズに離婚の話は進みましたがきっと子供がいたら私も思い止まっていたと思います。

    そう思うと少しぞっとします。大変ショックな出来事でしたが我慢し続けて一緒にいなくて本当に良かったと心から思います。


    真っ暗闇の中にいた自分 夫に浮気されていることに気づきました。 夫にバレないように証拠をおさえて、 夫と浮気相手の両方から慰謝料を...
    スポンサーリンク
    Sponsored Link