遠距離恋愛で浮気され、冷めていった彼への気持ち。

彼氏の浮気が発覚したのは付き合って1年たったころでした。

付き合い始めから遠距離恋愛で、月に2回ほどしか会えない状態でした。
お互い同じ年齢でしたが私が社会人OL、彼氏が大学生でした。

私の仕事が終ってから彼氏のところに向かい、週末を一緒に過ごすといった感じです。

彼氏はマメな人だったので会えない時は毎日のように手紙を書いてくれたり、バイトに行く前に留守電にメッセージを入れてくれました。

ただ、彼氏のバイトが夜だったので電話だと短い会話しかできない日々でした。
SponsoredLink

いそいそと出かける彼にモヤモヤ

付き合い始めて1年くらいたった頃、バイトが忙しくなり電話の回数も減ってきました。
バイト仲間(男女混合)とプライベートでも遊ぶことが増え、飲み会で朝に帰宅することも多くなっていました。

バイトが楽しいと話していたので、浮気などは全く疑ってはいなかったです。
それに会う回数は減らず、会えば以前と変わりない態度でした。

会うとバイトの話を楽しそうにして、お客様からモテるなど自慢していました。

そんな時期が数か月続いた後、私が彼氏の家に泊ってる時によく彼氏の携帯電話が鳴ることがあり、彼氏が仕事が入ったと言ってバイトに出かけることが増えました。

付き合い始めは遠距離恋愛で滅多に会えないからと、私に会う時はバイトを入れないでいてくれました。週末にバイトが入りそうになるとシフトを変えてもらっていたのに、最近は電話がくると簡単にバイトに出かけるようになり「おかしいな。。」となんとなく隠し事をされてる雰囲気を感じとりました。
【参考】彼のベッド・・・。遠距離恋愛は浮気の始まり。

部屋

浮気を疑うというよりなんとなく嫌な予感がする。。といったぼやっとした気持ちです。
その気持ちがなかなか消えず、帰ってきた彼氏をしっくりこない気持ちで見ることが続きました。

そんなことが数回続き、「浮気を疑う」というよりもモヤモヤした自分の気持ちを消したくて、その気持ちを消すはっきりした証拠を見つけたいと思うようになり、彼氏がバイトに出かけた後に家の中を物色しました。

浮気の証拠写真を発見

彼氏の部屋を物色した結果、押し入れから浮気相手と旅行に出かけた写真が数枚見つかりました。
私にはバイト仲間の男友達と旅行に出かけたと話していたので何の写真かがすぐにわかりました。

sea

写真を見た瞬間、浮気されていたことを知りました。
一瞬で血の気が引き、頭が混乱して上手に現実を呑み込めなかったです。

悲しいとか悔しいとかいった感情はその時は一切なくて、ただただ衝撃というか放心する感じで魂が抜けた状態でした。

写真を何回も見ていたら次に猛烈な怒りと悔しさが出てきて感情が爆発し冷静ではいられなくなりました。
すぐ彼氏の携帯電話に電話をしましたが繋がりません。誰かに感情をぶつけたくて彼氏の男友達に電話をして怒りのまま話しをしました。

話しをしたら少し冷静になり彼氏が帰るのを待ちました。
悲しい気持ちより裏切られたといった怒りの感情が大きかったです。
涙も出ましたが、それは悔し涙でした。

SponsoredLink

冷めていった気持ち

数時間後、彼氏が帰ってきて、彼氏の姿を見たらまた怒りが頂点に達して写真をつきつけ彼氏を罵りました。
浮気した理由などは聞かず、「最低」とか「嘘つき」とかいった言葉しか出なかったです。

写真を見られた彼氏は動揺を隠しきれず、始めははぐらかしていましたが私の怒りと責める姿勢に完敗したのか途中で浮気を認め理由を話しました。

浮気した理由は「私が社会人で自分が大学生だから全て自分が劣っている感じがした」とのこと。
威張る場所がなかったそうです。

そしてそんな劣等感を抱き始めた頃にバイト先でよくモテるようになり自分より後輩の女の子から告白され浮気したと。

その子には自分は本命の彼女がいるから遊びでよければいいよ。とのことで寂しさを紛らわすためと自分の劣等感の解消にお付き合いしていたそうです。

話を聞いて、彼の気持ちも少しは理解できましたが、やっぱり怒りがおさまらず何も言わず帰りました。
不思議と浮気されてもその時は別れようとは思わなかったです。
彼の本音を知ってなかったと残念な気持ちになりました。

SponsoredLink

その後、彼氏は浮気相手と別れ、私に「もう一度やり直してください」と正式に告白してきました。
別れていなかったのでそのまま元通りに関係は続きましたが、私の気持ちが浮気されたことを境にどんどん冷静になり彼氏への恋する気持ちも冷めてきました。

浮気後は彼氏が誠心誠意、私との関係を修復しようと頑張りましたが、私の気持ちは反対にどんどん冷めてきて関係修復から半年たって私から別れを切り出しました。

別れた理由は、彼氏に対しての恋心は一切なくて、「彼氏の気持ちに同情して今の関係を続けている」ことが自分ではっきりわかったからです。

あのまま自分の気持ちを偽ってお付き合いを続けることはできましたが、彼氏に失礼なように思ったので正直に自分の気持ちを伝え別れました。


真っ暗闇の中にいた自分 夫に浮気されていることに気づきました。 夫にバレないように証拠をおさえて、 夫と浮気相手の両方から慰謝料を...

スポンサーリンク
Sponsored Link