遠距離恋愛中の彼の浮気と浮気相手からの執拗な嫌がらせ

私が、付き合っていた彼氏に浮気をされたのは、付き合って3年、関西と九州の遠距離恋愛が始まって1年ほど経った頃でした。

彼の都合で遠距離恋愛になったのですが、彼は元々寂しがりやで嫉妬深く、毎晩電話をすること、何しているかを逐一報告することを決まりとし、少しでも連絡をしなかったりするとすぐ怒るような人でした。

そんな彼に対して「最近そっけないな」と思うようになったのは、浮気が発覚する1ヶ月前でした。
いつもは連絡をしてくる彼が全然連絡をしてこなくなったのです。

事故にでもあったのかなと心配になり、電話をかけても無視。
やっと繋がったと思ったら「何してても関係ないやろ」でした。

これまでそんな態度をとられたこともなく戸惑いましたが、その時期は彼自身怪我など色々あり苦しんでいたので、ストレスがたまっているのだろうと寂しいながらも勝手に解釈していました。

そこから1ヶ月は、冷たい態度を取られることもあれば、戸惑うほど甘えてきたりすることもありましたが、変だなとは感じながらも深く気にすることはありませんでした。

SponsoredLink

フェイスブックにタグ付けされた彼の写真

そんなある日のことです。何気なくFacebookを開くと、彼がタグ付けされた写真がアップされていました。
とはいえ彼は写っていません。彼の部屋であろう景色と、彼のであろう腕、そして腕枕をされて寝ている風の女の自撮り写真でした。

見間違えかと思いましたが、私がプレゼントした物が写っているので間違いありませんでした。

すぐさまスクリーンショットを撮って証拠を残し、何も知らないふりをして彼に連絡し「最近誰か家入れた?」とさりげなく聞きましたが、もちろんしらばっくれます。

なので、思い切って証拠に残した写真を送りつけました。
最初はなぜか逆ギレして「盗撮かよ、気持ち悪い」等言われ、連絡を無視されていました。
きちんと話をしたかったのですが、連絡がつきません。

会いたいのに会えない、話したいのに話せない

余談ですが、結婚の約束もしていて本当に大好きな人だったので、私はご飯が食べれなくなり、夜も眠れなくなり、この1件で9kg体重が落ちました。

夜もずっと友達がそばにいてくれて心から救われました。

共通の友達が彼に連絡をとってくれ、やっと話をできるようになりました。
彼は「1人で寂しかった」「やっぱりそばにいてくれる人がいい」「でも結婚したいのはお前だから別れたくない」と私に言っていました。

今となっては何言ってんだと思いますが、当時は「じゃあどうして浮気するの、許すから私だけを見てよ」と突き放すこともできず、彼に依存していました。

しかし彼は、共通の友達と浮気相手には「もう別れたい」「あいつ(私)が別れてくれない」と言っていました。
共通の友達は彼の話だけを信じることはせず、私の話も聞いてくれましたが、当たり前ですが「はよ別れな」と言ってきました。

SponsoredLink

誰にも言わないで!

そんな状況が3ヶ月ほど続くと、私もだんだん冷静になって「こんなやつとつき合ってる時間勿体無いんじゃないか」と考え始めました。

しかし別れ話をしようとすると彼は全力で拒絶するのです。
そんな中、しびれを切らしたのは”浮気相手”でした。

「早く別れろ、あなたがいるからいつまで経っても私が1番になれない」と様々な方法で嫌がらせしてきました。

ネットへの誹謗中傷の書き込みもあれば郵便物で嫌がらせをしてきたりとあらゆる手段を使っていました。
それが精神的に辛く、浮気発覚の頃よりも病んでいきました。

最終的に警察に相談に行き、浮気相手の方に対して被害届をだし、彼とも縁を切りました。

その後何度か彼より復縁を迫る連絡がきましたが、家族や友達が対応してくれ、今はもうどこで何をしているのかもわかりません。
友達に聞けばわかるのでしょうが、知りたくもありません。

浮気相手の方は彼とは別の方とできちゃった婚をしたそうです。
結婚された頃に1度「誰にもあの頃の話は言わないでくれ」と連絡が来ました。

もう4年も前の話でした。


真っ暗闇の中にいた自分 夫に浮気されていることに気づきました。 夫にバレないように証拠をおさえて、 夫と浮気相手の両方から慰謝料を...

スポンサーリンク
Sponsored Link