元カノと浮気されて、慰謝料をふんだくった話。

私と主人は、3年の社内恋愛を経て結婚。
私25歳、主人28歳の時でした。
それから、なかなか子宝に恵まれず、3年目にようやく第一子を授かりました。
主人も私も待望の子供に喜び、慣れない子育てに一緒に頑張っていたある日のことでした。
子供が小学生になり、ようやく落ち着いた頃、主人が入院することになったのです。
昨日まで元気だった主人が朝になり急にお腹が痛い。と言い救急車で運ばれたのです。
病名は「虫垂炎(盲腸)」たいしたことがなくて安心でしたが、念のため1週間入院することになりました。
しかし、退院してから主人の生活行動が変わったのです。
(注)この記事は当サイトにお寄せいただいた体験談を一部編集してご紹介しています。

被害者なのに泣き寝入り?

被害者なのに離婚され、泣き寝入りさせられることが多い。ちゃんと証拠を突き付け、慰謝料を取って(あなたから)離婚するために必要なこと。

  • 全国の探偵・興信所を無料で紹介
  • 年間500件以上実績ある探偵だけを紹介
  • 弁護士の紹介もフォローできる
  • 無料相談は何度でもOK

主人の不審な行動

子供に会いたくて、いつも早くに帰って来ていた主人が、
「入院中の仕事が溜まって・・・」
と帰りが終電ギリギリになることも。
今までクルマは通勤に使っていなかったのに、
「入院中に営業所への仕事ができた」
とクルマを使うようになったのです。
最初は、忙しい中1週間も仕事を空けたのだから仕方がない。
そう思っていました。しかし、1ヶ月経ってもその忙しさは落ち着くことはなかったのです。
まっさきに主人の浮気を疑いましたが、疑うもなにも入院前には何もなく、主人の不審な行動は退院してからのこと。
「まさか、入院中に・・・」ということは考えられませんでした。
不審に思いながら、友人とお茶をする機会があったため相談してみることに。
その友人は働いていた頃の同僚で、主人のことも同じ社内で働いているため知っていました。
その友人に思い切って「新しい営業所ってどこなの?」と聞いてみたのです。
するとやはり、友人からの返答は「なんのこと?」でした。
やはり・・・。
疑いが確信に変わったその夜、主人が寝ている間に携帯を見てみたのです。
すると女性とのメールがギッシリ。
私は主人の浮気を確信したのでした。
【参考】浮気の証拠の入手手段は関係ない?メールもLINEのメッセージも証拠として使えます。
【参考】もしかして浮気?携帯電話のパスワード、ロックを解除する方法。

主人の浮気相手は元カノだった

どんな女か見てやろう。
そう思い、次の日メールの待ち合わせ場所に隠れて待っていました。
すると、私は女の顔を見て驚きました。
そう、私はその女を知っていたのです。
その女は、主人の入院時の担当看護師。
その時は、とりあえずその現場の写真を撮り、主人が帰ってきた時に追求することにしました。

思いのほか主人はあっさり白状しました。
主人には私と付き合う前に彼女が居たのです。
その彼女が担当看護師でした。
付き合っていた当時は、彼女の看護学校の勉強が忙しすぎて、別れてしまったそうです。
入院したときに、元カノが担当になって、「驚きと二人の運命を感じて」そのまま不倫関係が始まった。と言うのです。
しかし正直に話してくれたところで、私にとっては「・・・だから?」という感じ。
「二人の運命とか、私に関係ないし・・・。」
【参考】元カノと浮気する男の心理

慰謝料と養育費を請求する

次の日、浮気相手の女性にも話を聞きに行ったのですが、向こうも向こうで「ご主人のこと本気です。本当はずっと好きだった。」そう言うのです。
ここまで正直に言われては、私一人騒いだところで惨めなだけ。
そう思い、主人に離婚をお願いしました。
しかし、ただで引き下がる気もありません。こちらは、子供の人生も背負っているのです。

  • 養育費は毎月10万円
  • 家はこちらが貰う
  • 家のローン、固定資産税等は主人が持つ
  • 子供が会うことを要求しない限り、子供には会わない。
  • そして最後に、この件に関しての謝罪料80万を請求しました。
    主人もそれなりに稼ぎ、相手の女性も看護師をしているならば払える金額だと考えました。
    【参考】相手次第で変わる!慰謝料の請求金額の決め方

    離婚後の生活が大事

    もし、払わない場合は病院側を訴える。
    もちろん、主人の会社にもバラします。
    このように強気でいきました。
    条件を聞くと主人は「少し時間をくれ」というので3日間猶予を与えました。
    結果、3日後了承してくれました。
    正直、この条件は賭けでもあったのですが、二人がそこまでしても一緒になりたいと言うならば、どうしようも出来ません。
    その後、主人とは離婚し、私と娘は、元主人からのお金のお陰で(今のところ)安定した生活を続けています。

    タイトルとURLをコピーしました