「今晩、家に来て!」と他の男に送っていたカワイイ彼女のメッセージ

3年前に年下の彼女に浮気された体験談です。
私は当時24歳で未婚、付き合い始めて1年の2歳年下の彼女が居ました。
彼女との出会いはフットサルのサークルでした。
彼女はマネージャーという形でサークル活動に参加しており、私も週に2回はフットサルの練習をしていたので、次第に仲良くなって付き合い始めました。
付き合い始めてから、私はまだ彼女がどんな人なのかはっきり知らなかったので、彼女の過去の話を色々聞いてみると、男性とは付き合ったことがないというのです。
私はその話はあまり信用できず、どこからどう見てもモテる女だったので、私の彼女に対する不信感は付き合い始めから少しだけありました。
(注)この記事は当サイトにお寄せいただいた体験談を一部編集してご紹介しています。

浮気性な彼女は疑り深い・・・。

彼女はなぜか私の携帯電話を頻繁にチェックし、他の女と連絡していないか、連絡しているならどういう要件で連絡していたか、いちいち報告しなければなりませんでした。
私はやましい事もなかったので、もちろん携帯を見せて、誰と連絡しているか報告していたのですが、ある時私も彼女の携帯電話を見てやろうと思い、デート中にこっそりのぞいて見てみました。
彼女は日ごろ、私に対して「他の女と連絡するな」「連絡してたら即別れる」「信用できない男は嫌い」などどいっていました。
【参考】浮気症がつい口にする7つの言葉とその理由
もちろん彼女も他の男と連絡している訳はないだろうと思い、軽い気持ちで覗いてみたところ。
メール画面には、複数の男との連絡の形跡があり、その中にYという男が居る事に気が付きました。
Yとのメールを見ると、なんと私に対する愚痴が膨大な数で書かれていました。
私は誠実に付き合っていたはずでしたが、私に対する不満がかなりあったのか、Yに対して一日10件以上の愚痴メールを送っていたのです。
内容は「彼氏が信用できない」「彼氏が今日他の女と話していた」「彼氏に飽きた」「別れたい」などというような目を疑うような内容でした。
彼女は私の前では愚痴など言った事もなく、いつもニコニコ、優しい雰囲気の女性です。
私は更にYとのメールを読み進めていきました。
するとYとのメールの中に、
「早くYに会いたい」
「あなたが居なきゃダメ」
「彼氏とはすぐに別れるし本気じゃない」
「今日家に来て」
という内容のメールがありました、私はそのメールを見た時に狼狽して、どうしていいかわからなくなりました。
彼女とは真剣に付き合っているつもりだったし、将来の結婚も考えていました。
狼狽した私は、どうしたらいいかわからない状態で、とにかくこのメールを証拠に残そうと思いました。
そして急いで自分の携帯電話を取り出し、Yとのメールを写真として保存しました。
それからは自分一人で彼女との関係をどうしたらいいか悩みました。
私は深く愛していましたし、別れるつもりもなかったのですが、私には携帯電話を見せろなどどいいながら、本人は浮気していたのか。
と思い耐え切れなくなってしまいました。
もう別れて他の女を探そう、と吹っ切れたので、Yとのメールを見てから2日後に彼女の実家に遊びに行きました。

携帯をへし折って吹っ切った浮気女

実家について、彼女の部屋に行き、唐突に切り出しました。
「Yってだれ?」「他の男とも連絡してるんだよね」「ねぇ、このYとのメール見て」と浮気していた証拠を突き付けました。
私は別れるつもりで来ていたので、とにかく追求しました。
すると彼女は泣き崩れ、「あなたしかいない」「Yとは遊びだった」
と言ってきたので、私は「Yにも俺とはすぐに別れるってメールしてたよな」と問い詰めました。
すると泣きじゃくり、黙り込んでしまいました。
もう私はこんな空間にも居たくなかったし、顔すら見たくなかったので、その場で自分の携帯電話をへし折り、「もうお前と会うこともない、じゃあな浮気女」
と言って去りました。
その後はもちろん彼女から連絡が来ることもなく、私はすぐに彼女の事を忘れて、今では新しい女性を探しています。


タイトルとURLをコピーしました