携帯ゲームと出会い系アプリですれ違った二人

私は9年前に、浮気というか本気の恋をされました。

最初は軽い浮気という感じでしたが、だんだん本気になり、のめり込んで行きました。

彼女に別れを切り出されましたが、最終的には「一時の感情」という事に気づいてもらうことができて、今では元通りに生活をしています。

その事について思い出しつつ書きたいと思います。

約9年前の秋頃、年上の彼女と同棲をしていた私が、仕事の都合で出張が多くなりました。
火曜日から金曜日まで地方に出張しっぱなしで、土・日・月を彼女と一緒に過ごす生活です。

(注)この記事は当サイトにお寄せいただいた体験談を一部編集してご紹介しています。
SponsoredLink

携帯ゲームに夢中で彼女をほったらかしていた

そんな中途半端な生活が続いていた頃、私は携帯ゲームにハマり、夜にゲームをやりまくっていました。

最初は出張先の暇な時に時間を潰しているだけでしたが、徐々にエスカレートしてしまい、家に帰ってからもゲームをし続けていました。

いま考えると、これが良くなかったなと思います。
私が、四六時中携帯を持っており、今までとはちょっと違う雰囲気に彼女が感じてしまったんだと思います。

そのときは「何してるの?」と聞かれ「携帯ゲームだよ」と応えていたのですが、わざとらしかったのか怪しんでおりました。
さらに平日は、ほぼ出張で家を空けているので、疑心暗鬼になってしまったんだと思います。

私は口が上手いほうではないので、言い訳を続けて誤解を生むというよりは、特に深く話さなかったので誤解を生んでしまったんだと思います。

彼女は出会い系アプリにハマる

後日、彼女に聞いたところによると、
平日に出会い系アプリで暇を潰していた彼女は、ある大学生と頻繁に連絡を取るようになっていきました。

彼女が暇な時にメッセージを送ると、大学生からはすぐにメッセージが返ってきます、自分の事を思ってくれていると錯覚してしまったと聞いています。

そんなときに、私は携帯ゲームに熱を上げて、ろくに出張先から彼女への連絡もせず。
出張から帰っても、彼女と話さない生活が続きました。

そして2ヶ月が経った頃、彼女はその大学生に会うことにしたのです。

池袋で待ち合わせをして、一緒にご飯を食べたと言います。
ファミレスではあったけど年下男性がおごってくれて、ご飯だけ食べて話しを聞いてくれて、その日は帰ったとの事でした。

大学生が、手を出してこなかった事に対しても彼女は安心感を抱き、更に頻繁に連絡を取るようになっていきました。

私が平日ほぼ居ないし連絡もない事から、ちょくちょく大学生と遊ぶようになったといいます。

そんな生活をしていると、二人で家に居ても、お互いが携帯をいじり、会話はなく、テレビの音だけが響くようになりました。

さすがに私も違和感を感じ、話しかけましたがあまり響かず、会話は途切れ途切れでした。

そんな時でした、
彼女が台所にいるときに、私の目の前に置いてあった彼女の携帯が鳴ったのです、着信の名前は男性でした。

SponsoredLink

私は「電話着てるよ」と普通に言いました。

その着信を見たときの彼女の顔は活き活きとしてました。

ただならぬ雰囲気を察した私は、彼女に電話相手について尋ねると「友達」との返答。
イヤイヤと思い更に言及すると会話がちぐはぐしました。

怪しいと思った私は

携帯見せて
絶対にイヤ
だったらいいよ!

と私が突き放すと、彼女の方から浮気の経緯を話し始めました。

さらに、今はその男性に夢中だと告げられました。


そこまで言われて初めて、私は大変な事をしたと後悔しました。

それからは彼女に対する気持ちを何度もちゃんと伝えました。
お前が大切なんだ、大事な存在なんだと・・・。

しばらくは彼女もぐらぐらしておりましたが、最後に男性と会って別れを言いたいという所までいきました。

そこまで行くのに1ヶ月くらいかかりました。

ただ、大学生も簡単には諦めがつかなかったようです。
彼女に何度も連絡してきては「私と別れて欲しい」と言っていました。

最後に私が土俵際で踏ん張り逆転したような感じでしたが、もしそのまま一途にいかれたら大変な事になったなという思いをしました。


真っ暗闇の中にいた自分 夫に浮気されていることに気づきました。 夫にバレないように証拠をおさえて、 夫と浮気相手の両方から慰謝料を...

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Link