妻の浮気後の葛藤!再構築・夜の営み・慰謝料を請求する相手

ノートとペン

妻の浮気は許すことができない。
しかし、たとえ愛がなくなっても情は残っているから離婚をせずに再構築を目指す夫婦も多くあります。

もちろん、なんの罪もない子供のために一緒にいるというカップルも多いです。

妻の浮気がわかった時から、夫のプライドはズタズタに傷つきます。
湧き上がる怒りと同時に、妻だけでなく自分を責める気持ちも生まれてきます。

妻の浮気後に起こる、夫の精神的葛藤と再構築・セックスレス・離婚する場合の慰謝料の請求について解説します。

被害者なのに泣き寝入り?

被害者なのに離婚され、泣き寝入りさせられることが多い。ちゃんと証拠を突き付け、慰謝料を取って(あなたから)離婚するために必要なこと。

  • 全国の探偵・興信所を無料で紹介
  • 年間500件以上実績ある探偵だけを紹介
  • 弁護士の紹介もフォローできる
  • 無料相談は何度でもOK

慰謝料の請求は妻と浮気相手の両方にできる

内容証明が届いたら?

妻の浮気が原因で離婚になる場合、妻と、妻の浮気相手の、両方に慰謝料の(損害賠償)請求をすることができます。

また、妻の浮気後に再構築を選んだ場合でも、妻の浮気相手に慰謝料の請求をすることができます。

厳密に言えば、妻にも慰謝料の請求はできる。
しかし、再構築なら同じ財布(共有財産)になるので、請求をすることがないのでしょう。

離婚する場合と離婚しなかった場合で違うのは慰謝料の金額。
慰謝料は、離婚した場合で100~400万円、離婚をしなかったら20~100万円くらいが相場。

不倫相手で変わる!慰謝料の請求金額の決め方
不倫の慰謝料は、相手の資産・収入が左右します。 ぶっちゃけ、金持ちからは高い慰謝料をとれます。 そもそも慰謝料請求とは? 浮気相手に請求することの出来る慰謝料とは、不倫・不貞行為によって与えられた精神的苦痛...

慰謝料は、既婚者との浮気(不法行為)によって受けた精神的苦痛の損害賠償です。

円満だった家庭を壊されたことの対価といっていいでしょう。
夫婦が離婚せざるを得なくなれば、壊れてしまった関係、失われた信頼は大きい為、その精神的な苦痛も大きいと推量されるのが妥当で、結果的に金額も多くなります。

逆に、妻の浮気によって一時的に精神的な苦痛を受けたとしても、離婚にまで至らなかった。
この場合は、大きな精神的痛手ではなかったと推量され、慰謝料の金額は相対的に少なくなります。

私の個人的な意見はこの考え方に否定的です。
妻の浮気を許し、その後も一緒に過ごすことのほうが、離婚してしまうより、よっぽどキツイと考えます。

浮気発覚後の再構築はセックスレスになる例が多い

セックスレスになる
妻の浮気が発覚した後は、夫婦間でセックスレスになることが多いようです。

言葉のコミュニケーションも大事です。
しかし夫婦には、やはりスキンシップも欠かせないでしょう。
せっかく再構築を目指しているのにもったいないことです。

妻の浮気前からセックスレスであった場合は、しょうがないですね、元に戻っただけかも・・。
むしろ、夫婦間のセックスレスが原因で妻が浮気に走ったのかも知れません。

セックスレスで浮気に走る男女の違い。
結婚するとパートナーとの体の関係が少なくなる、もしくは全くなくなることもあります。 いわゆるセックスレス。 セックスレスの定義として「結婚しているカップルに1ヶ月以上、性交渉のない状態」と言われています。 エッ? 意外にハード...

問題なのは、したいのにできなくなってしまう夫婦。
障害となってしまうのは、意地とプライドなのかなと思います。

    浮気をした妻の立場からすると

  • 他人に抱かれた不潔な体だと思われているのではないか
  • 自分から誘うのは、いかにも関係修復のためだと思われる
  • 浮気相手の代わりに求められると思われる
    妻に浮気された夫の立場からすると

  • 自分との行為に満足できなかったことが浮気の原因
  • 浮気相手と比べられるようで、する気になれない
  • 何事もなかったように抱くことで、すべて許すと思われるのでは

夫婦両方が認識しておかなければいけないのは、お互いに遠慮をしてしまっていること。意地を張っているとも言えます。

また、夫か妻のどちらかが誘いをかけたときに、断ってしまうことがその後の行為をいっそうハードルの高いものにしてしまいます。
断った方は、意地や恐れがあるでしょう。
しかし、誘った方にも同じように意地と恐れがあります。

勇気を出して誘ったのに、拒否された。

相手に拒絶される恐怖は想像以上です。
相手が恐怖を乗り越えて、関係を修復しようと歩み寄って来てくれたのだから、へんなプライドを捨てて、相手の求めに応じる必要があります。
決して精神的にラクではありません。しかし、勇気を持って乗り越えるべきところかもしれません。

つい妻のことを責めてしまう、でもその先にあるものは・・。


どうしても浮気した妻を許せない気持ちがぬぐえないこともあるでしょう。むしろ、正常な感覚だと言えます。

ことあるごとに浮気妻を責めてしまうのは、二人にとって良いことではありません。
そんなことは、分かっているのにしてしまう・・・。そんな人が多いでしょう。

しかしグッと我慢をして、許す以外に解決策はありません。

いつまで我慢すればいいのか?

夫婦関係が続く限り、妻の浮気を忘れてしまうまで永遠と我慢するしかありません。
感情にまかせて妻を責めてしまえば、妻にとって、ただでさえ居心地の悪い家庭が針のむしろですね。

妻も「いつまでこの地獄が続くのか?」と逃げ場を失ってしまいます。

  • 家庭内が最悪の雰囲気
  • 子供の環境として健全でない
  • 近所から好奇な目で見られる
  • 再び、浮気に走る危険性も
  • 精神的な病から自殺する可能性も

つい、責めてしまうことは、良いことなんか一つもないことを自覚しましょう。

不倫相手の自殺という最悪の結末を避けるもっとも合理的な方法
浮気や不倫で最悪の結末といえるのは、浮気相手の自殺。 死の原因・真相というのは、おおっぴらに語られることがないので耳にする機会も少ないでしょう。 しかし、減少傾向にあるとはいえ、日本の自殺者の数は年間で2万7000人にのぼります...

自分が大事なのか?妻を大事に思うのか?

妻の浮気を知った男は、精神的な窮地に陥るでしょう。
それまでの信頼のよりどころを失ってしまう不安感に襲われます。

妻への信頼感を失くしてしまったことよりも、男としてのプライドを失うことのほうが精神的な苦痛が大きいと感じます。

もし、妻の浮気を許して、再構築の道を選んだ場合、このちっぽけな男のプライドがチョイチョイ顔を出してきて、平穏な生活に、いらぬ波風を立てます。

夜の営みにしても、自分(夫)に満足ができなかったから妻は浮気したのではないか?、といったザワザワした気持ちが毎回のように襲います。

他にもその後の生活シーンで、許した夫と、許された妻、という家庭内での立ち位置をつくろうと無意識に思ってしまうのです。

小さな男だな・・。と思われればそれまでですが、そんなもんなんです。
自分でも分かっているのに、この厄介な気持ちをなかなか消すことができないのです。

自分のプライドがそんなに大事か?
妻のことを大事にしたいから再構築したんだろ?

妻に浮気をされた被害者意識は、できることなら早く手放したほうが、その後の生活が楽になります。

夫のその被害者意識が、夫婦関係を修復しようと頑張っている妻の妨げになっているのです。

本当に大事なのは、この妻との生活でしょ!
いつでも、ことあるごとに自分の心に問いかけることが必要です。

タイトルとURLをコピーしました