斜め上行く!恋の吹奏楽団♪

浮気とは少し違うかもしれませんが、投稿させて頂きます。
私が大学生のころ、地域の吹奏楽団に所属していました。
そこで出会った10歳年上の男性(Aさん)と関係を持ってしまい、そのままお付き合いをしていました。
初めての男性とのお付き合い。自分に自信がなかった私でしたが、自分のことを好いてくれている人がいるという事実に、少しだけ自信を持つことができました。
団体内恋愛の禁止などはありませんでしたが、団体内で付き合っていることがばれると面倒だから、と、付き合っていることは二人の秘密ということでスタート。
fruteto0619
週に2日程度の練習が21時まであり、公民館の前で他のメンバーと別れ、それぞれ別の場所で落ち合ってデートをするような日々でした。
休みの日はディズニーに連れて行ってくれたり、海に行ったり、冬はウィンタースポーツを楽しんだりと、とても幸せな交際を続けていました。
付き合って1年が過ぎたくらいだったかと思います。
ある日、同じ楽団に所属していた女の先輩にドライブに行こうと呼び出されました。
「もしかして、Aさんと付き合ってる?」
(注)この記事は当サイトにお寄せいただいた体験談を一部編集してご紹介しています。

斜め上の返答に困惑

どきりとしました。
ばれると面倒だから、といわれ私は初めてできた彼氏の話を友人の誰とも共有できず、ずっと我慢していました。
ばれてる?でも私は誰にも話していない・・・そんなに分かりやすかった?どうしよう。
でも、狭い車の中で1対1。とても逃げ場はありません。
意を決して、「付き合っています」と伝えました。
何を言われるんだろう。ばくばくする心臓を押さえました。
先輩から言われた言葉は予想外のものでした。
「あのね、実は私も付き合ってるんだ」
息が止まりました。
わたしは彼に二股を掛けられていたというのです。
話を聞くと、先輩と彼が付き合いはじめたのは、わたしが彼と出会う前のことだというのです。
つまり、わたしは浮気相手でしかなかったの・・・?
「実はね、まだあるの」

さらに斜め上を行く展開に!

哀しそうに笑う先輩の言葉が怖い。
でも聞かないわけにはいきません。
「Aさん、結婚して子供もいるの」
これには言葉を失いました。
Aさんは結婚していて、奥さんがいて、さらにはお子さんもいて。
それなのにわたしと、先輩とお付き合いをしていたというのです。
その場はそこで先輩と別れたのですが、後々から楽団内にAさんと付き合っているという女子が何人も出てきました。
あまりにショッキングな内容に、わたしはひどく傷つきました。毎日泣いて暮し、母親に心配されてしまいました。
食事ものどを通らず、体重も減りました。
就職に悩んでいたわたしに「正社員にこだわらなくてもいいんじゃないかな、フリーターや契約社員だって」と声を掛けてくれていたAさんの言葉から、自分との未来を考えてくれているのだと思っていたので、ぼんやりとですが2人の未来、将来を考えていた自分としてはあまりに大きな事件でした。
少し間を明けて、Aさんと2人きりで話をしました。
いつもデートしていたラーメン屋さんで、彼は頭を下げました。
私からは見れば10も年上の男性で、経済力もあり大人の、素敵な男性だと思っていたのが、蓋をあけてみればただのまだ遊びたい盛りのアラサー男子。
団体内の女の子をとっかえひっかえすることで、家庭のストレスを発散していた、とうなだれて言いました。
情もあってか、あまりひどい言葉を言うこともできず、仕方ないですよと笑ってみせたのがかえってAさんにとっては精神的に堪えたようです。

それぞれの思い描く未来

彼は楽団を辞め、楽団は自然解散する形でなくなりました。
それ以来、彼とは会っていませんが、当時の楽団で付き合っていた女の子のうち、一人はまだ関係が続いているとうわさで耳にしました。
その彼女を待ち受けていたものはどんな未来だったのでしょう。
別れを選んだわたしは正解だったと思いますが、もう二度とこんな目には遭いたくないと思っています。


タイトルとURLをコピーしました