不倫相手と一緒になるため離婚したいのに別れられない理由

不倫がいつしか本気に。不倫もひとつの恋愛のかたち。
やめたほうがいいと分かっていても止められない気持ちは否定できません。

不倫相手と一緒になりたいのに配偶者がなかなか離婚してくれない

10年以上もそんな状態が続く人もいます。
不倫でも別れられない理由を紹介します。

戸籍のバツ(離婚歴)を消す方法
最近では、個人情報の取り扱いに世間全体が神経質になっています。 ですから戸籍謄本の提出を求められるようなケースは少なくなっているのが現状です。 しかし、なかには戸籍に記載された離婚歴を消したい!という人もいるでしょう。 この場...
被害者なのに泣き寝入り?

被害者なのに離婚され、泣き寝入りさせられることが多い。ちゃんと証拠を突き付け、慰謝料を取って(あなたから)離婚するために必要なこと。

  • 全国の探偵・興信所を無料で紹介
  • 年間500件以上実績ある探偵だけを紹介
  • 弁護士の紹介もフォローできる
  • 無料相談は何度でもOK

基本は相手の同意が得られないと別れられない

離婚届

離婚は結婚する時と同じで、夫婦双方の同意の上でないと基本的に別れることができません。

これを協議離婚と言って、夫婦双方で話し合いがつけば、離婚届に二人が署名捺印して管轄する市町村の窓口に提出すれば離婚が成立します。

協議離婚の場合には、夫婦の一方が別れたい・離婚してくれ、と迫っても配偶者にその気がない(または別れられない事情)があれば離婚することができません。

配偶者が離婚したくないと主張して別れられない場合には、調停離婚を申し立てるという方法があります。
調停離婚は相手が離婚を拒否した(協議離婚できなかった)場合にするもの。

具体的には家庭裁判所に離婚の調停を申し立てます。
ただし、離婚調停とは第三者を間に挟んだ話し合いの場。自分が不倫していたり、相手に夫婦関係を続けられない理由がない場合には離婚することは難しいでしょう。

家庭裁判所の調停によって成立する離婚。協議離婚が成立しない時、当事者は、まず家庭裁判所へ離婚の調停を申し立てる。

いきなり離婚訴訟(裁判)は提起できず、原則として調停を申し立て、調停離婚が成立しなかった場合に初めて裁判ができ、これを調停前置という。

調停では調停委員が当事者双方の主張を聞き、調査、証拠調べをしながら話し合い、合意の上での解決を図る。離婚の合意が成立し、調停調書に記載されると、確定判決と同じ効力があり、直ちに離婚が成立する。

コトバンク「調停離婚」より

あなたと離婚したがらない理由

リンゴ

外で不倫をして、心が家庭にない配偶者と別れたくない気持ちはどこからくるのでしょうか。

不倫されると急に別れたくなくなる不思議な心理
結婚生活にはいろんなことがあります。 パートナーの存在があたりまえになりすぎて、お互いに感謝する気持ちをどこかに忘れているのかもしれません。 亭主元気で留守がいい!だったらまだマシでしょう。 いっそ、不倫でもして離婚してくれな...
  • 世間体が気になる
  • 収入面に不安がある
  • 子供を片親にしてしまうのは不憫
  • 子供が成人するまで時間がほしい
  • やっぱり好きな気持がある
  • どうせ捨てられて戻ってくる
  • 自分勝手に好きなことをするのが許せない

二人の関係から、色々な答えが導き出されるでしょう。

可愛さ余って憎さ百倍という言葉がありますが、不倫したあげくに家庭を捨てて「自分だけしあわせになろうとしている」ことが気に入らないという意見も聞きます。

タイトルとURLをコピーしました