どこまで許せる?浮気・不倫のボーダーラインについて

私はパートナーの浮気に悩んでいる人とお会いする機会が多くあります。

浮気認定をされるボーダーラインは人によって違います。しかし、裁判で争った場合に不倫と認められるケースはけっこう明確です。

パートナーの浮気をどこまで許せるのかについて考えます。

ここから浮気!女性が許せない浮気の境界線

日々の相談業務を思い返してみると、既婚女性がパートナーに対して浮気として許せない行動はこんなところ。

  • 他の女性とメールやLINEをしている
  • 会社の同僚女性と定期的にランチをしている
  • 打ち合わせと称して二人っきりで飲みにいく
  • プライベートで自分の車に女性を乗せる
  • 小さなものでも、なにか女性にプレゼントをする
  • 女性の体に触れたり、触れられたりする

浮気としてハッキリ真っ黒と思えるような内容は含まれていません。男性である私からすると「これって浮気なのかな?」と思えることもあります。しかし、浮気とは文字通り「浮ついた気持ち」なのだとしたら上に挙げたすべての項目が当てはまるのかもしれません。

【参考】キスは浮気か?浮気のボーダーラインは男女の差が歴然

浮気に言葉の定義はありません。(たぶん・・)

どこからが浮気なのか、どこまでだったら許せるのか、ボーダーラインをあらかじめ決めパートナーに伝えておく必要があると考えます。その線を踏み越えたら、もう後戻りができないことをパートナーにしっかり分かってもらいましょう。

境界線

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】
SponsoredLink

ここからが裁判における不倫の境界線

不倫という言葉も一般的なので、曖昧な部分があります。

不倫(ふりん)は本来は、倫理から外れたこと、人の道から外れたことを意味する。近年では特に、近代的な結婚制度(一夫一婦制)から逸脱した男女関係、すなわち配偶者のある男や女が配偶者以外の異性と恋愛し、性交を行うことを指して用いられる。

Wikipedia「不倫」より

離婚調停・離婚裁判など、いわゆる法律の世界では不倫のことを不貞行為といいます。不貞行為の原則として「配偶者のある相手と肉体関係を持つこと」とされています。明確ですね。

しかし、実際問題として二人が肉体関係にあったかどうかというのは、よっぽどのことがない限り当事者である二人にしかわからないこと。それでは、決定的な証拠がないと不貞行為と認められないのかというとそうではありません。

  • パートナーと浮気相手がラブホテルに入るタイミングもしくは出るタイミングの写真もしくは動画
  • 交際相手があなたの家に出入りして長時間滞在している証拠。具体的には入る時間付きの写真と出る時間付きの写真または動画
  • パートナーと交際相手が特に仕事などの理由がないにも関らず二人で泊まりがけの旅行に行って同室で就寝したことの証拠。具体的には旅行風景の写真やホテルの領収書など
  • メールや手紙などに明らかに肉体関係を推測できるような文言が表示された画面の画像(「またやろうね」「気持ちよかった」などが記載されているもの)
  • パートナーが不倫の事実を認めたことを書面化したもの
  • 上のような証拠がある場合には、法的には「不貞行為があったものと推定することができる」とされています。

    つまり、不倫の場合は、二人でホテルに行ったり、泊まりの旅行に行ったら即アウトと言えます。

    離婚する不倫の証拠の集め方と使い方

    SponsoredLink
    スポンサーリンク
    Sponsored Link