私を「おひとりさまアラフォー」に仕立てた浮気のトラウマとは?

以前働いていた職場に入社した直後、共通の趣味を持ち、考え方も似ていてとても気の合う男性と出会いました。
彼とは知り合ってから3年間ほど良い友人関係にありましたが、当時彼にはA美さんという可愛い彼女がいたので、恋愛対象として彼を見たことはありませんでした。
ところが、彼がA美さんと別れたのを境に、彼からの食事や趣味への誘いが急に増えました。
「もしかして?」と思っていたある日、彼から交際を申し込まれました。
私としては、「これまでの良い友人関係が壊れてしまうのでは?」と不安があり、一旦お断りしました。
しかし、彼のアプローチは毎日のように続き、「私の事が好きになったからA美と別れた」と言われ、その言葉を信じた私は彼と付き合うことにしました。
それまで友人として見ていた彼と恋愛関係になったことに、最初はちょっと違和感がありましたが、そのうち慣れ、3ヶ月間ほどはラブラブで毎日が幸せでした。
「もしかしたら運命の人に出会ったかも?」と思っていました。
ところが3ヶ月を過ぎた頃から、彼の態度に変化を感じ始めたのです。

被害者なのに泣き寝入り?

被害者なのに離婚され、泣き寝入りさせられることが多い。ちゃんと証拠を突き付け、慰謝料を取って(あなたから)離婚するために必要なこと。

  • 全国の探偵・興信所を無料で紹介
  • 年間500件以上実績ある探偵だけを紹介
  • 弁護士の紹介もフォローできる
  • 無料相談は何度でもOK

急変した彼の態度

彼とは同じ職場でしたが部署が違い、休日もローテーション制だったので、休日を一緒に過ごすため、同じ日に休みを申請するようにしていました。
しかし、付き合い始めて3ヶ月を過ぎた頃から、彼が私と同じ日に休みを申請しなくなったのです。
また、毎晩のように帰宅後には電話をかけてきていたのが、だんだん減っていきました。
私から電話をかけても出ないことが多く、「まさか浮気しているのでは」と疑っていました。
彼の態度が変わり始める少し前に、彼のお母さんがある手術を受ける予定だと聞いていました。
彼のお父さんは仕事が忙しく、手術当日はお母さんに付き添えるかわからないので、一緒に病院にいて欲しいと彼から言われていました。
彼のお母さんとは何度もお会いしたことがあり、私で何かの役に立てるならばと、手術当日は病院に行くつもりでした。
しかし、その後に彼から、お父さんが付き添えることになったので、私は病院へ行かなくてもいいと言われました。
とはいえ、やはり彼のお母さんのことが心配で、手術が終わる時間を見計らって彼の携帯に電話をかけてみました。
「お母さんどうたった?」と私が言った途端、「こんな時に電話してくるな!」と彼に怒鳴られ電話を切られました。
もしかするとお母さんに何かあったのか、とすごく心配になったのですが、もう一度電話することもできず、とても非常識なことをしてしまったと落ち込みました。
次の日、職場で彼を見かけたので「お母さんに何かあったの?」と聞きましたが、「別に」とそっけなく言い、立ち去ってしまいました。
その後に彼と同じ部署の人に聞いたところ、お母さんの手術は無事に終わったとのことでした。
それ以降、彼とはプライベートでまったく連絡が取れなくなり、職場で顔を合わせても無視され続けていました。
浮気しているのか、単に私が嫌われたのか、不安な気持ちで過ごしていましたが、とりあえず彼からの連絡を待つ毎日でした。
それから1ヶ月ほど経ったある日、1人で街を歩いていると、偶然にも彼のお母さんにバッタリ出会いました。
「手術されたと聞きましたが、その後いかがですか?」と尋ねたところ、
「ああ、大したことなかったんだけど、息子とA美ちゃんが手術に付き添ってくれてねぇ。毎日みたいにお見舞いにも来てくれて」と。
彼が浮気しているのは勘付いていたものの、やはり事実だったことに加え、前の彼女と浮気どころか復縁までしていたことを知り、ショックでめまいがしました。

彼の言い訳

その日の夜、彼に電話しましたがもちろん出ませんでした。
次の日、職場の親しい同僚にこの件を相談し、その同僚の携帯電話から彼に電話をかけてみました。
電話に出た彼に、彼のお母さんからA美さんのことを聞いたから、きっぱり別れたいと伝えました。
そうすると彼は、私の彼への愛情がまったく感じられず、私と付き合っているという実感が持てなかったからA美と復縁したのだと言い訳を始めました。
私と付き合ったことで、A美さんの良さを再認識したとも言われ、悲しいのと同時に自分自身に対して本当に情けない気持ちになり、彼に何か言い返すこともできませんでした。
もちろん私にも非があったと思います。
魅力もなかったのでしょう。
しかし、3年間も友人だったにもかかわらず彼の本性を見抜けず、男を見る目がまったくない自分にすっかり自信を失いました。
それが強烈なトラウマとなり、40歳を目前にした今でも独身彼氏なしです。

 

タイトルとURLをコピーしました