彼の部屋に遊びに行って、寝たふりをした女の子。

私が当時お付き合いしていたのは、私が学生時代からの相手でした。

友人期間を経て、恋人となり、それからすでに数年がたっていました。
気心しれた友達のようなところもあり、お互いに何でも話せるよいパートナーだと思っていました。

お互いに仕事がなんとなく落ち着いてきていたし、結婚について具体的にはまったく何もありませんでしたが、そろそろそんな話も出るかなと期待していたところでした。

今まで、本当にまじめな人で、浮気を怪しむような行動は片鱗も見せませんでした。
半同棲とまではいきませんが、なんとなく彼の家に私が上がり込むような形で、長く時間をともに過ごしていました。
SponsoredLink

若い女と出張する彼

彼は、仕事柄出張が多いほうでした。
電車や飛行機でしょっちゅうあちこちに行っていました。そしてそれはたいてい若い女性が一緒でした。

女性は出張内容によって変わるのですが、若い後輩たちのお供というか、彼女たちが、一人前になるために引率のような形で同行していました。

当時彼は20代後半で、それほどその女性たちと年齢は離れていませんでした。
それでも彼は「最近の若い奴は…。」みたいな感じで、よく彼女たちについて愚痴をこぼしていました。

言わないと動かないとか、時間にルーズな子が多いとか、いろいろ話をして、私はよくその愚痴を聞いていました。

そんな感じだったので、最初こそ、若い子と一緒に出張なんて…と心配していましたが、そのうち、大変なんだなあと思うようになり、浮気の心配など忘れてしまっていました。

ところが、ある日、一緒に部屋でいてもなんかそわそわしてるなあと気づきました。
携帯を見る回数が増えたような、話をしててもなんとなくいつもと違うなあと。

そして最近あまり若い子の愚痴を言わなくなったなと感じていました。

今思えば、というような状態でそのときに浮気を確信したわけではありませんでした。

半同棲のような生活をしていたので、お互い誰かと外食したりするときは、その旨を伝えていました。

とくに報告義務を設けたわけではないけれど、自然発生的にそうなっていました。

そしてなんとなく、最近よく飲みに行くなあと思うことが増えるようになりました。

飲みに行くという日は、彼の家には行かないようになっていたので、その日何時に帰っているかもよくわからない状態でした。

そのあたりの変化を目の当たりにして、私は初めて、もしかして浮気してるかも、と疑うようになりました。
私はずいぶんお気楽だったかもしれません。でも本当に、信用していたのだと思います。

そして、そんな日が続いた時、私は思い切って聞いてみることにしました。悶々と悩む時間がもったいないと感じていました。

残念な彼

単刀直入に切り出しました。「最近様子がおかしい様子がおかしいけど、もしかして浮気してる?」と。

彼の反応をみて、彼は咄嗟のときにうそのつけない性格なんだなと、そんなときにどうでもいいことを思いました。

彼の反応は「え、いや、なんで?」その言葉の返し方で、ああやっぱりなと思いました。

なんだか腹が立つとか裏切られたとかではなく、ただとても残念でした。悲しみのほうが強かったです。

よくよく話を聞いてみると、やはり出張に一緒に行った相手と、深い関係になってしまったとのことでした。

もちろん出張の時は部屋は別にとっているのですが、彼女が自分の部屋に遊びに来て、一緒にお酒を飲んでいるうちに寝たふりをしてきたと彼は言いました。
そんなこんなで、なんとなく彼女とは続いてしまっていたとのことでした。

彼は私に謝りました。もう会わないといいました。

なんだか、陳腐なドラマのようで現実感がまったくなかったことを覚えています。

SponsoredLink

彼は浮気をやめてくれたけど・・

私は長い付き合いで、しかもお互い理解しあっていた相手を、ただの一度の浮気で見限るかどうか、悩んでいました。
もう一度やり直せたらいいと思ったりもしました。

もうやめるといってから、本当に彼は彼女と会っていないようでした。
仕事が終わったらこまめに連絡をくれたり、私に対してとても気を使っていました。

一方私はといえば、なんだか急に、もういいかなと思い始めてしまったのです。彼じゃなくてもいいやと。
浮気の話をしている彼が、変に言い訳がましかったのもあったのだと思いますが、自分の気持ちがなんだかいろいろふっと醒めてしまったようでした。
この変化には自分も驚きました。

しかし結局別れました。彼はやり直したいといってくれましたが、頑固な性格をよく理解してくれていたので、わりとすぐ納得してくれました。
彼も疲れていたのかもしれません。

その後彼は彼女とは付き合うことはなかったようです。もはやどちらでも私には関係ありませんでした。


真っ暗闇の中にいた自分 夫に浮気されていることに気づきました。 夫にバレないように証拠をおさえて、 夫と浮気相手の両方から慰謝料を...

スポンサーリンク
Sponsored Link