浮気・失踪・自殺未遂、主人に振り回され疲れ果ててしまった。

今は結婚して29年、浮気された当時は、結婚して12年ぐらいのときでしょうか。

子供が3人(11歳・9歳・6歳)、毎日が戦争のような日々でした。
マイホームも購入し、生活のためにパートに出始めていた時でした。

主人の仕事は営業です。
朝が早い日もあり、帰りも遅く、出張にも行っていましたね。
飲み会もあり、本当に母子家庭の様でした。
SponsoredLink

新しい浮気相手からの密告

半年ぐらい前から、なんとなく行動がおかしいなとは思っていたんですけれども、もうどうでもよくなっていて、仕事と子育てでいっぱいでした。

そのうち、遅く帰る日が少なくなり、家にいることが多くなったある日、会社の同僚が家にやってきました。

「車のナンバープレート外したの、お前でしょう」とか言っていました。
私には何のことかさっぱりわからず、その場にいましたが、よく話を聞いていると、浮気相手の新しい彼氏の様です。また妻子持ち。

主人は、その女に捨てられたようです。
そしてそのすぐ後に、主人の同僚に乗り換えたのです。すごい女ですよね。

その時の気持ちは、とにかく真っ白でしたね。何も考えられない衝撃。

その後少しずつ冷静になり、私の今までやってきた努力は、まったく無意味だったと、こんな裏切り許せなかった。

私は話の途中で、いたたまれなくなり家を飛び出していきました。
しかし、すぐに主人が追いかけてきて、家に連れ戻されました。

話を聞くと、今始まったばかりでなくて、何年も続いていたこと、今は終わっているけど、私がひとりで子育てを頑張っているときに、ほかに安らぎを求めていたんでしょう。

SponsoredLink

マイホームパパになった主人

子育てと戦っているときの私に、そんな余裕なんてありませんでした。
休日出勤とかと言って出かけていたことも多かったし、主人はあてにならなかった。

その結果が、浮気。
それも、次の相手の車にいたずらをする。
中学生じゃあるまいし、いい歳の大人がすることじゃないでしょ。

もう主人とは一緒に、いれないと思いました。
子供にも悪影響だと思ったし。

でも主人は、そこから変わりました。

マイホームパパになったんです。
子供たちと一緒に釣りに行ったり、キャンプに行ったり、最初の頃は、子どもたちもずいぶん戸惑っていましたね。
お父さんとどう接していいのか、わからない子供たちでしたから。

そんな生活にもだんだん慣れてきて、2年ぐらい過ぎたころ、また事件は起きました。

主人が釣りに行くと言って、行方不明になったんです。

SponsoredLink

そして失踪・・・

警察に言っても、「ほかに行くようなところありませんか」とか言われ、自分で探しました。

家族で行ったところを探して回り、2日後に見つけました。

車の中で木炭炊いて、自殺を図っていました。
ただ、車の中が暑く、もうろうとしながら無意識に窓を開けていたようで、一命は取り留めました。

原因は「借金」。
浮気中に、彼女の家に行くまでの時間つぶしに、パチンコなどをやっていたそうで、おこづかいでは足りず、キャッシングローンをしていたようです。

毎月少しずつ払っていたようですが、結局払えなくなりほかのローンへ、どんどん膨れ、手に負えなくなったようでした。
そして自分が死ねば、保険が入り、家のローンも無くなるから、何とかなるだろうということで、自殺を図ったようです。

その時、まず思ったのが、「見つけてしまった。これは責任を持って最後まで看取らなければならないのかな」と…。
あっさり死んでいてくれればよかったのに、と思うこともあります。

そして現在、あと数年で離婚をしようと考えている私です。
子供のために、生活のために頑張ってきたけど、もう自由にしてほしい。

自分のやりたいこと、文句も言われずやりたい。
そして、心の根底には、あの「浮気」が大きな存在としている。

あの時、離婚していれば、私の生活も変わっていたかもしれませんね。
もう戻ることはできないけど、子供にまだまだお金のかかる時だったので、私が我慢するしかなかったし、主人も変わっていったから。

でもやっぱり、男はそんな昔のこと、もう忘れているんでしょうね。
今では、なんでも上から目線で物を言う。ほとんどが命令調。

一緒にとか、共同してとかという考えは全くない。
私にも自由をください。


真っ暗闇の中にいた自分 夫に浮気されていることに気づきました。 夫にバレないように証拠をおさえて、 夫と浮気相手の両方から慰謝料を...

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Link