会社にいるはずの妻が男のアパートで目撃された結果。

結婚して7年、妻のほうが7歳年上で、飲み会で知り合ってからつきあいが始まり結婚に至りました。

3歳の子供が1人いて、家庭は安定していた状態でしたが、私としては妻の両親の家に同居しており、妻のほうが発言力が強いことに多少の息苦しさを感じていました。

しかし、大きなトラブルなどはなく、将来的にも安心、安定するような家庭をもてると感じていました。

ただ、結婚年数がたつにつれて夫婦間の愛情は次第に冷えていったのは感じています。
次第に会話が少なくなり、子供が家庭の中心にいることで夫婦のコミュニケーションができていた感じです。

妻の浮気が発覚したのはそんな、普通の毎日を送っているときでした。
SponsoredLink

妻の目撃情報

妻はいつものように「仕事で出かけてくる」と言って出ていったので、私はなんとも思わず子供を保育園に送り、そのまま会社へ行きました。

すると、夕方くらいになって、妻の会社にいる知人から「奥さん最近休みがちだけど、具合悪いのか?大丈夫か?」と連絡が入ったのです。

私はおかしいな、と思いながらもそれから1か月ほどいつもの生活を送っていました。

すると、今度は同じ知人から連絡が入り、「奥さんの車、変なアパートにとまってたぞ。営業で出てる途中に見たんだけど、おかしくないか?」と言われたのです。
私はすぐに浮気を疑い、知人に詳しい話を聞いてみました。
【参考】サラ金で借金して不倫調査、慰謝料でガッツリ回収した話。

すると、妻はここ半年間のあいだに月1~2回程度、「具合が悪い」と言っては会社を定期的に休むようになっていたようです。
妻は家を出るときは「仕事へ行ってくる」と言っていたので、それが嘘だったことに気づきました。
浮気調査の費用を最大40%安くする探偵の頼み方

SponsoredLink

会社を休んだ妻の行き先は?

私は知人の協力を得て、妻の車がとまっていたアパートを教えてもらいました。

さらに、今後、妻が仕事を休んだ場合は連絡をもらうようにして、出先からそのアパートに車がとまっていないか確認してもらうようにしました。

すると、2週間後に知人から連絡がきて、「やっぱり会社休んで、あのアパートに行ってるぞ。」と言われたのです。
そのアパートなどは妻の友人も知人もいるはずがなく、私も知人もまったく知らないところでした。

浮気相手のアパート

浮気がわかったので、それからは休日の様子も確認してもらうようにしました。

土・日曜日の1日は妻は外出することが多く、それも浮気相手と会っている可能性が高くなったのです。

完全な浮気だとわかってから、私はどうしようか考えましたが、やはり、今の夫婦の関係を考えたり、「子供がいるのに浮気をしていたとなれば離婚」するのは仕方ないと考えるようになりました。

しかし、私も仕事をもっているため、平日や休日もそうそう休んではいられません。
そこで、地元の探偵事務所に不倫調査を依頼するために相談しました。
SponsoredLink

探偵による不倫調査

探偵事務所の代表者と話をしたところ、地元では長く調査をしていて、割安な料金で調査をしてくれるということになりました。

私は正式に不倫調査を依頼して、契約を結んで、妻の浮気が本当かどうかを確かめてもらいました。

それからしばらくして、妻が「結婚式があるから、泊りで出かけてくる」などと言ったため、これは浮気相手と会うと確信し、すぐに探偵に連絡しました。

探偵はすぐに動いてくれ、その日の妻の行動をチェックして、証拠をとってくれました。

妻は結婚式には出たものの、帰りには浮気相手に迎えにきてもらい、2人で相手のアパートに入っていったのです。

密会する二人

これを見た私は、証拠をつきつけたら離婚できるし、慰謝料もとれると思いました。

後日、私はその証拠を妻と義父母に見せ、浮気を認めさせました。

やはり、浮気をしていたようで、これを機に私は妻と離婚する決意をしました。
SponsoredLink

浮気されていた時は、本当にガッカリもし、怒りもしました。
色々な感情が湧いてきて、いつものような平常心ではいられなくなっていたと思います。

まして、仕事をもって忙しい中でこういった家庭内のトラブルが起きると、どうしていいかわからず、頭がパニックになっていました。

探偵の代表の方と話をして、相談相手になってもらっていたので、それが唯一の救いという感じでした。
【参考】旦那の浮気相談なら、無料で専門家の意見を聞けるサービス

浮気の証拠をどうやって使うか、離婚する時に何を決めればよいか、などをすべて相談で教えてもらえたので、そこは冷静に対処できたと思います。

完全に浮気の証拠があったので、離婚はすぐに決まりました。

その時、お互いと義父母の話し合いで決めたことがあり、財産(預貯金)は等分することと、住宅ローンははずしてもらうことで合意しました。

話がもつれてあとあとまでトラブルになるのは嫌だったので、財産や慰謝料などは私が譲歩したかたちになっています。

すぐに離婚して別れたかったので、私はこれらをすぐに決めて、家を出ることにして、早急に縁を切りました。


真っ暗闇の中にいた自分 夫に浮気されていることに気づきました。 夫にバレないように証拠をおさえて、 夫と浮気相手の両方から慰謝料を...

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Link