フェイスブック・インスタグラムで彼の浮気を海外から監視した話。

私は現在、海外在住2年目の30歳の女性です。私が浮気された経験を書かせていただきます。

私が海外在住になったのは2年前の事でした。
新卒入社から勤めていた会社から海外での駐在勤務を命じられたのです。

tokyoline0105

当時、私には付き合って4年目の彼氏がいました。
彼は実家住まい、私は1人暮らしでしたが、付き合ってから彼はほとんど毎日のように私の部屋に泊まっており、半同棲状態が長く続いてました。
というのも、彼はすごく寂しがり屋で、よく「1人暮らしだからって、男を部屋に入れて浮気したりしちゃだめだよ!」と言っていました。
心配性な面もあったのだと思います。

私は彼との結婚を意識しており、ちゃんとした形で一緒に住みたいと何度も言っていました。
彼の考えでは「結婚は同棲してから・・」の一点張りで、話は全く進まず、このまま半同棲生活が続くのかなと不満が募っていました。

SponsoredLink

突然、連絡がとれなくなった寂しがり屋の彼

そんな時、会社から駐在員として海外勤務をしてみないかと言われたのです。
1年という短期間の話だった事もあり、曖昧な彼にしっかり考えさせる良い機会かもしれない、今後の自分にとってもいい経験になるに違いないと考えて、駐在勤務を決めました。

私が海外勤務になる事を彼に伝えると、戸惑った表情を見せつつ、「応援するし、日本で待ってるから頑張って!」と言い背中を押してくれました。
私は彼を信じながら、帰国後の結婚を夢見ながら日本を発ちました。

遠距離恋愛になって以来、彼とのラインのやりとりは頻繁になりました。
1日中ラインをしているような状態で、週に何度も電話で話し、毎日写真を送り合う日が3ヶ月ほど続きました。

しかし、ある日をさかいに、急に彼から連絡が来なくなりました。

私がラインを送っても既読にもならず返事がありません。
おかしい…と思い、彼のフェイスブックや彼の友人のフェイスブックをチェックしました。

すると数日前、彼は大学時代のサークルで飲み会をしていた事がわかりました。
普段はそういう事はなんでも話してくれるのに、今回は聞いていませんでした。

SponsoredLink

浮気相手のSNSに写り込んだ彼の痕跡

そして飲み会の写真で、彼の隣に写っていた女の子と顔を寄せ合って写っている彼の写真を見つけました。
これは絶対に怪しい・・・、その女の子のフェイスブックを調べました。

その女の子は飲み会の次の日の朝、スタバでコーヒーを飲んでいる写真を投稿してたんです。
しかも、その写真に彼の財布が写り込んでいました。

おまけにコメントには、
「今日から3連休スタート!朝から車で出発して、温泉に泊まってきまーす!」とあります。

まさか浮気?!信じられない!と思いました。

浮気をされているかもしれないと予感していたのに、実際に彼の浮気が現実味を帯びてくると、「自分の勘違いではないか?」と浮気の可能性を否定しようと考えてしまいます。

その後、この女の子のインスタグラムのアカウントを見つけました。
そこには、温泉へ向かう車内の様子が写った写真が投稿されていました。

それは間違いなく、彼の車でした。
いつも私が乗っていた彼の隣の助手席から撮った写真でした。

もしかしたら、彼女と二人きりではなく、グループで温泉旅行へ行ったのかもしれないと考えましたが、彼女のインスタの写真には、友達の姿は全く写っていませんでした。

温泉地に着いてからの数枚の写真には彼の姿も写り込んでいませんでしたが、旅館での食事の写真には浴衣姿の彼が写り込んでいました。

彼の顔は写っていませんでしたが、私は4年間毎日のように彼と一緒に過ごしてきたんです。
彼かそうでないかは体格を見ただけで分かります。
腕の筋肉の付き方、肩の下がり具合、見間違えようがありませんでした。

SponsoredLink

LINEで別れを告げた彼

私の彼氏は、大学時代のサークルの飲み会に参加し、再会した女の子と2人で温泉旅行へ出かけていました。

そして浮気旅行をしている間、私への連絡を絶っていたのです。嘘をつくのが下手な彼の事です。
浮気旅行中に、私から電話がかかってきたら誤魔化しきれないと思ったのでしょう。

私は彼の浴衣の写真をスクリーンショットに撮り、彼にラインで送りました。
「旅行へ行ったんだね。寂しい思いをさせたのは私です。でも、浮気を受け入れる事はできません。ごめんなさい。さようなら」

その後、何度かラインでやり取りをした後、彼とは別れました。

正直、私が海外に行くと決まっても、結婚の話が出なかった時点で、どこか別れを覚悟していたのかもしれません。

意外なことに涙は出ませんでした。

海外駐在を決断するときを振り返ると、彼との未来より、自分自身の未来を選んだような気がします。

彼と別れた後も海外勤務を続け、1年経ったら日本に帰る予定を変更・延長し今も駐在員として働いています。

今は現地に新しい彼氏もできて、彼の事はきれいさっぱり忘れ、自分の人生を歩いています。

寂しがり屋の彼の浮気は必然だったと感じています。


真っ暗闇の中にいた自分 夫に浮気されていることに気づきました。 夫にバレないように証拠をおさえて、 夫と浮気相手の両方から慰謝料を...

スポンサーリンク
Sponsored Link