遠距離恋愛で始まった浮気、彼女がシラを切った理由。

浮気・離婚の体験談

私と彼女は高校2年生のときに、当時同じ部活の先輩である彼女に告白して付き合うことになりました。
高校時代は順調に交際していたのですが、彼女が大学に進学するために東京に上京することになりました。
私も1年後、彼女と同じ大学ではありませんでしたが、東京の大学に進学することになりました。
いま思えば、私が高校3年生で、大学1年生の彼女だけが上京しているときから、ささいな違和感がありました。
電話のやり取りは毎日していたというわけではありませんでしたが、メールでのやり取りはほぼ毎日していました。
そんなある日、彼女からサークルの飲み会をしているときの写メが送られてきました。
[123]

遠距離恋愛で彼女の浮気を心配する

サークルの飲み会自体は、何度かありましたし、頻度も月に1度くらいだったので特に気にしていませんでした。
しかし、そのときの写メの内容は、男の先輩に肩を抱かれながら笑って写メをとっているというものでした。
さすがに頭にきて、彼女を怒りました。
彼女自身も、「普段は肩を抱かれるなんてことはしていない」「そのときは、いつもより飲みすぎてしまった」と反省していました。
次の週末に地元に戻ってきて謝ってくれたので許すことにしました。
その後は、彼女も自制してくれたようで、遠距離でしたが順調に交際し、私も東京に上京することになりました。
大学は彼女と違いましたが、住んでいるところは比較的近く、歩いて20分もかからない距離でした。
しばらくの間は、半同棲のようにお互いの部屋を行き来する毎日だったのです。
しかし、彼女が大学3年になってから、それまでやっていなかったアルバイトをすることになりました。
[123]

アルバイト先にいた彼女の浮気相手

理由は、就職活動にお金がかかるから「その資金を貯めるため」というものでした。
これまでよりも、お互いの行き来や会う時間は減りましたが、自分もすぐ後にアルバイトを始めたのでお互い様でした。
でも、彼女の浮気を疑い始めたのもこれから少ししてからでした。
というのも彼女のアルバイト先には、以前、飲み会のときに肩を抱いていた先輩が働いていたのです。
そして、彼女が私とのデートや会う約束をドタキャンするようになったことです。
理由は、人不足やほかの人が急用でこられなくなったからヘルプでバイトに入らなければならないというものでした。
だんだんと頻度があがり月に2回も彼女にドタキャンされたときに、浮気について彼女に問い詰めました。
しかし、私がうまく情報を聞き出せなかったのと、彼女が携帯の履歴も見せて潔白を説明したので納得してしまいました。

彼女が携帯を見せて潔白を証明した理由

後で分かったことですが、結論からいえば、私が高校3年生のときから彼女は浮気をしていました。
彼女と相手の先輩は、表立って会わずに裏でずっと会っていました。
この事実は、私も何度か会ったことがある彼女の友人から教えてもらって知りました。
聞いたときには、「ああ、やっぱり浮気してたのか」という残念な気持ちと、「ずっとだましてたのか」という怒りがこみ上げてきました。
以前、携帯の履歴を見せて潔白を証明してくれましたが、彼女は携帯を2台持つことによって騙していたのです。
同じアルバイト先というのも二人が示し合わせたもので、アルバイトが休みの日でも「アルバイトがある」といって二人でデートを繰り返していたようです。
その後、私と彼女の友人で写メで浮気現場の証拠を残し、私の部屋だと警戒されると思ったので、彼女の友人の部屋に彼女と浮気男を呼び出しました。
[おすすめ探偵事務所]

浮気相手との直接対決

最初は、二人とも謝罪しているようでしたが、途中から逆ギレをして私や彼女の友人を罵倒し、勝手に帰っていきました。
私も彼女の友人も誠意ある謝罪をすれば許したかもしれませんが、逆ギレされたうえに、罵倒されたので二人を制裁することにしました。
やったことは、私の知人や二人の知人に証拠画像を送り、根回しをしただけです。
これによって、二人は友人やサークルの人、ゼミの人から避けられて、大学に居辛くなったのか来なくなりました。
その後、彼女の友人から、大学4年で就職先の内定ももらっていた浮気男の先輩と大学3年の彼女が退学したことを知りました。
彼女にまったく未練がないといえば、嘘になります。しかし、ずっと騙していた人と一緒にいることが考えられなかったので連絡を一度も取っていませんし、二人がどうなったかはわかりません。
私自身は、このときの縁で彼女の友人と付き合うことになり、社会人になった今では結婚を前提に同棲をしています。
[あなたの人生の値段は?]
 

タイトルとURLをコピーしました