愛人契約を持ちかけられた私の隙

私はある男性と親密な関係になりました。
その男性は、私の勤める会社の取引先の社長、事務員の私はいつもお茶出しの担当でした。
その社長とだんだん気さくに話すようになると、誘われて食事に行くことになりました。
その食事会で私が思ってもみない出来事が起きてしまったのです。
(注)この記事は当サイトにお寄せいただいた体験談を一部編集してご紹介しています。
食事

行きつけの店にやられた私

二人っきりの食事会は街中を離れた山の中にある料亭、お客様ごとに一部屋一部屋が離れになっている構造で、複雑にいりくんだ渡り廊下を通って和服姿の店員さんが食事を運んできます。
すごッ!さすが社長が行きつけにしているお店
私はそのお店の雰囲気に圧倒されていました。
舞い上がった私は調子にのって、飲めないお酒をすすめられるままに口にしました。
社長は品の良い腕時計にチラッと目をやり、すっかりいい気分になった私にむかって「さあ、次にいこうか」とうながしました。
そう、そのとき社長と私はあっさりと一線を越えてしまったんです。
エッチな二人

切りだされた愛人契約

社長にしてみると「この女を落とした」という気分だったのでしょう。
その後も、頻繁に二人っきりで会うようになります。
そして、ある日社長は突拍子もないことを言います。
自分の愛人になれ
じつは最近、愛人と別れたばかりで寂しいらしい・・・。
なんでも言うことを聞くからお願い
少し薄くなった頭の前で手を合わせる社長の姿に、ほんの少し心が動かされました。
でも、お金が絡む人間関係ということは、自分自身を殺さなくてはいけないこと。
私は、愛人なのか恋人なのか選べないまま、結局すべてのお付き合いをおことわりしました。
もっとよく考えるよう言われましたが、逃げるようにその場から去ったのです。

社長の別れた愛人

その後、社内では無理を通してもらい、来客担当から外れることができました。
私とのすれ違いに業を煮やした社長は直接連絡をして来たのですが、一切取り合わず愛人契約の話は断り続けました。
あとでうちの上司に聞いた話によると、
あの社長は女好きで若い愛人を作って不倫をしていたそうです。
別れたと言っていたのは本当で、前の彼女は旦那さんと離婚をさせ、子供とも離れさせて付き合っていたそうです。
彼女は子供と暮らしたいがために社長とは別れたらしい。
生々しい話を聞いて、彼女だった人はどこまで社長が好きだったんだろうと思いました。
気の毒だとは思いますが、自業自得なのでしょう。
しかも、私も同じ境遇におちいる可能性があったと思うと情けない気持ちになります。
私には多少の浮気や不倫の願望はあります。
しかし想像と現実はかなり違っていて、お金がいま以上に入る生活とそれで失う自由を思うと、たった一度の過ちで済んで良かったのかと思います。
面倒ごとを好まない私には、わがままなのは主人だけで十分です。
不毛な状態での恋愛は、自分も相手も壊してしまうと思います。
今後は付け込まれないようにもっとしっかりしなくちゃと思います。


タイトルとURLをコピーしました