浮気がバレた時の言い訳と対処法

浮気がバレた時の言い訳や対処法には様々なものがあります。

土下座して謝るという人も多いのでは?
男女によっても違う、バレた時の対処法をまとめてみます。

ビンタ

被害者なのに泣き寝入り?

被害者なのに離婚され、泣き寝入りさせられることが多い。ちゃんと証拠を突き付け、慰謝料を取って(あなたから)離婚するために必要なこと。

  • 全国の探偵・興信所を無料で紹介
  • 年間500件以上実績ある探偵だけを紹介
  • 弁護士の紹介もフォローできる
  • 無料相談は何度でもOK

絶対にしていないと言い張る

かなり決定的な写真を突きつけられても平然と言い張るタイプです。

浮気なんかしていない!

これを言われた方も、そんな道理が通じるわけ無いと思っています。
しかし、どこかパートナーのことを信じたい気持ちもある。
完全に許したわけではないのかもしれませんが、表面上の関係は修復される場合もあります。

これは、イエローカードみたいなものかもしれません。二度同じようなことを繰り返したら、間違いなく退場させられるのでしょう。

パートナーに責任転嫁する

このパターンも意外に多いですね。浮気した事自体は認めているのですが、悪いのは私ではなくてパートナーである「あなた」だという責任転嫁型。

  • 出張ばっかりで家にいなく寂しかった(女性)
  • 単身赴任の寂しさを埋めるため(女性)
  • 子どもが生まれてから相手をしてくれなくなった(男性)
  • たまに誘ってもいつも生理中(男性)

自分に非があることを認めたうえでのことなので、配偶者に対する甘えがあります。

ゆったりした態度で接していく必要があるのかも知れません。

プレゼント攻撃で謝り倒す

これは、破壊力はないように思えますが、許されてしまう確率が多いです。
パートナーの機嫌をとろうとあの手この手で欲しがるものをプレゼント。

しかも、「ほんとうに大事なのはあなただ」と繰り返し主張するので、正直悪い気はしなくなってくるのでしょう。

マンネリ化していたパートナーとの関係も、一度リセットされた気分。
付き合い始めた頃にタイムスリップしたかのように新鮮な関係が蘇るのかもしれませんね。

他にもこんなにある!浮気がバレた結果


タイトルとURLをコピーしました