浮気が本気に変わる些細なきっかけ。特別な魔法は必要ない。

男性・女性に限らず、浮気心から始まった関係が本気になってしまうことは少なくありません。

最初は、お互いに本命のパートナーがいることを確認しあっていても、ふとしたきっかけで自分の本心に気づいてしまいます。

浮気が本気に変わるきっかけを確認していきます。

浮気に走った理由と再構築に不可欠な二つの心理
恋の始まりは、ほんの些細なきっかけだった・・・。 しかし、浮気がいつしか本気になることは少なくありません。 反対に本気の恋が浮気へと格下げされることはありません。 恋愛感情は常に一方通行、後戻りの叶わない道を進むことなのかもしれま...
被害者なのに泣き寝入り?

被害者なのに離婚され、泣き寝入りさせられることが多い。ちゃんと証拠を突き付け、慰謝料を取って(あなたから)離婚するために必要なこと。

  • 全国の探偵・興信所を無料で紹介
  • 年間500件以上実績ある探偵だけを紹介
  • 弁護士の紹介もフォローできる
  • 無料相談は何度でもOK

本命にはない側面を浮気相手に発見した時

仕事中にはムスッとしていて厳しい上司が、飲み会の席では笑顔でプライベートなことを話してくれたりする時、そのギャップにグラっときてしまうことはありますね。

愛が芽生える瞬間

これは浮気の場合にも同じです。
本命のパートナーと浮気相手に趣味・性格・収入などのギャップがあると、どうしても二人を比較をしてしまいます。

特にパートナーとの関係が良好でない時期や、マンネリ化している倦怠期には眼が外に向きがちです。
しかし、本来ギャップはどこにでも存在しているものです。

パートナーの浮気を本気にさせない、そもそもパートナーに浮気をさせないためには、ギャップを気にすることよりも、そこに目を向けさせない二人の関係づくりが必要です。

浮気相手に頻繁に会うようになった時

何度も顔を合わせる人には自然と好意を持ってしまうのが人間の心理です。
これは「単純接触効果(ザイオンス効果)」と言われていて心理学の世界ではよく知られていること。

悪用厳禁!不倫する男女の心理がみるみる分かる秘密
現代社会に不倫が多くなっていく理由に、生活の社会的分業化があげられます。 昔ならば、ひとりの人間がする仕事が多くあります。 山に住む人であれば、水を汲み・土を耕し・種をまき・雑草をとって・薪を拾い・堆肥を作り・収穫をして・保存食...

浮気相手と会う回数が増えれば、その分二人の親密度は高まります。
パートナーとの関係に疲れたり、居心地が悪くなると、自然に浮気相手と過ごす時間が長くなるのが避けられません。

また頻繁に会っているうちに、浮気相手の自分への好意を確認することで本気になる人も多いようです。

好きと言ってくれる人を好きになる
これは人間の承認欲求を満たしてくれるので強力な効果があります。

なかなかできることではありませんが、浮気をさせない・浮気を本気にさせないため、パートナーに愛を確認する気遣いや声がけができているのか、今一度確認してみることが大事です。

まとめ

パートナーとの関係を良好に保つためには、二人がお互いに相手を気遣うことが何より大切です。二人の間でこれができなくなった時に、関心は他の異性に向けられてしまうことも多くなるし、浮気が本気になってしまうこともあるでしょう。

二人の間に子供がある場合には、子供が関係をつなぎとめてくれる場合もあります。
しかし子供にばかり注意が集中して肝心のパートナーに辛くあたったり、声をかけることを疎かにしている場合も少なくありません。

定期的に、また意識してパートナーとの関係を確認しあうことが大事ですね。

タイトルとURLをコピーしました