夜中3時に家を出た!夫の不倫を許した理由。

夫は30代後半で銀行員、私は20代後半の専業主婦で結婚して4年目になります。
夫との間には、現在3歳になる娘が1人います。

夫が不倫している事に気づいたのは、娘が生後8か月頃の事です。

夜中の3時、娘の夜泣きが激しく、私はすぐに起きてベランダに出て必死であやしていました。

夫にも子育てを手伝ってほしいと思い、軽い感じで「娘をあやしてあげてくれない?」と言いました。
しかし夫は「仕事で疲れてるから」と言って、夫婦の寝室から出て、そのままリビングへ行ってしまったんです。

私と夫は職場結婚で、私も銀行員をしていましたから、仕事の疲れは理解できます。
でも自分の子供でもあるのに、と思い夫を追いかけると、リビングで誰かに電話していました。
そして「友達の所に泊まる」と言って、そのまま家を出て行ってしまったんです。

(注)この記事は当サイトにお寄せいただいた体験談を一部編集してご紹介しています。
SponsoredLink

外泊する夫

こんな夜中に?と不審に思いながらも、何となく勘で「もしかして他の女性の所じゃないか」と思ったんです。
最近スマホを見てニヤニヤしながらメールしているような様子も見ていましたし、車の助手席シートが微妙に角度が違う日もあって、不倫しているのかもと思いました。

その翌日、夫から「しばらく友達の所で寝泊まりするから」と電話がありました。
あり得ないと思いつつも「そう、解った」とだけ返して、そのまま夫が帰ってくる2日後まで待ったんです。

2日後、朝6時頃に帰ってきたんですが、玄関へ迎えに出るとギョッとしたような顔をしました。
そして私の横を通り過ぎる時にふわっと香水の香りがして、ああやっぱり不倫しているんだと確信したのです。

私も夫も香水はつけませんが、その香りは女友達が好んで付けている女性物のブランド香水だったので、すぐに解りました。
夫は2日外泊して以降、時々家へ帰らずにどこかへ泊まっているようだったので、不倫関係が続いているなら調査する事に決めたんです。

不倫調査の結果によっては今後を考えようと思いました。

探偵の不倫調査

まずは既婚者の姉に相談すると、姉も「ちょっと怪しいよね」と味方になってもらえました。
それから姉が調べてくれた不倫調査のしてもらえる探偵事務所に依頼しました。

メールで概要を伝えて見積もりを出してもらい、改めて電話予約をしてオフィスへ行って、探偵の人に相談したのです。
娘はその間、姉が見ていてくれたので、思う存分不安な気持ちを伝える事ができました。

探偵さんも「不倫かどうか調査しないと断言できませんが、女性物の香水という点もありますしね」と言ってくれました。

調査期間は5日間、月曜から金曜日の午後20時~0時までの1日4時間で、調査員は2人なので経費も入れると合計45万程でした。

でもしっかりと夫が不倫相手の女性の家に行ったり、夫の車で出かけていたり、ラブホへ入る様子の写真と動画も手に入りました。

調査報告書も作ってもらったんですが、その報告書には不倫相手は夫の部下の20代半ばの女性、とあったんです。
夫が寝泊まりしていたのはその女性宅で、しかもその女性には夫とは別に交際中の男性がいる事まで解りました。

別れたくないと土下座する夫

不倫かもしれないと思ってから2週間程で結果が黒だと解り、すぐ姉と一緒に私の両親に相談しました。

そして夫と夫両親、不倫相手の女性も交えて話しあいをする事になり、私の実家へ夫と夫両親と不倫相手の女性を呼び出したんです。
夫両親は娘の事も可愛がってくれていましたし、仲も良かったですから、経緯を説明すると疑わずにこちらの味方になってくれました。

夫と不倫相手の女性はすんなりやってきましたが、証拠の動画や写真を見せても黙ったままだったんです。

父と夫両親が夫と不倫相手の女性に「どうするんだ」と詰め寄ると、観念した夫がやっと「すみません。不倫したけど、別れたくない」と土下座したんです。

不倫相手の女性も泣きながら「両親や職場には言わないでください、別れます、すみませんでした」と謝りました。

夫はどうやら娘が生まれてから、私が娘にかかりきりだという事、仕事で疲れているのに夜泣きで眠れない事から、不倫相手の女性にちょっと愚痴ったそうなんです。すると不倫相手の女性も交際中の彼氏の事で鬱憤があり、お互い軽い気持ちで関係を持ってしまったと言っていました。

そういった関係になったのは子供が6ヶ月の頃かららしく、2ヶ月しか関係が続いていない事から、私も今回だけは許す事にしました。

SponsoredLink

不倫を許した理由

不倫されていると気づいた時は意外と冷静で、ショックはあったものの、そこまで怒りや悲しみはなく、戸惑いが強かったです。

調査結果を知った時は一瞬「離婚してやる!」と怒りのボルテージがマックスになりました。
でも姉に「子供やこれからの事もしっかり考えないと」と言われ、冷静になって話し合いに望めたんです。

話し合いの時に夫が必死に謝っている姿を見てもう1度だけ信じようと思って、離婚はせずに再構築を決めました。
やはり夫を愛しているという気持ちがあったからでした。

あれから大分年月が経ちましたが、夫は子育てにも積極的になり、不倫をしている様子はありません。
本人も一時の気の迷いだったと言っていて、不倫前よりも良いパパになりました。

一応話し合いの際に「今度不倫をしたら即離婚、親権は母親に、慰謝料もこちらの言い値」と、「不倫相手との一切の連絡を禁ずる」と書面に判も貰っています。

不倫相手の女性は話し合いから数か月後に寿退社しましたし、連絡を取っている気配もありません。
もし不倫しても探偵に調査してもらったらすぐに発覚すると解っているので、夫も大人しいのでしょう。

夫婦仲、親子仲はとても良いですから、疑ってからすぐに調査して良かったです。
もっと不倫関係が進んでいたら、取り返しがつかない所まで行っていたと思います。


真っ暗闇の中にいた自分 夫に浮気されていることに気づきました。 夫にバレないように証拠をおさえて、 夫と浮気相手の両方から慰謝料を...
スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Link