ホテルで盗み見た禁断のメールの内容とは?

24歳の頃でした。
大学生の頃から3年付き合っていた彼が、仕事の関係で九州に転勤になってしまいました。

遠距離恋愛に不安はとてもありましたが、私も広島で仕事をしていたので、彼についていくことはできません。

キャリアアップのため希望しての転勤だと彼に言われ、相談もなしに決められたことがとてもショックでした。
しかし、もともとわたしが尽くすように付き合っていた10歳年上の彼で、上下関係があるわけではないのですが彼の決めたことには逆らえず、なくなく見送りました。

遠距離恋愛に不安がありましたが、体調不良の彼のお母さんが一人で暮らしていたため、2週間に一度は広島に帰ってくるという約束でした。

SponsoredLink

遠距離恋愛の変化

最初の数ヶ月は順調に過ぎ、2週間おきに会えるのでさほど遠距離の辛さを味わうことはありませんでした。
しかし彼がある美容院に通うようになってから、少しずつ変化してきました。

1ヶ月半おきに通うようにしたその美容院で、京子という女性に出会ったそうです。
彼女はわたしより4つ年上の27歳。カットがとても上手で、話していても楽しいんだと聞かされていました。
写真を見せられたこともあります。活発そうな綺麗な女性でした。

半年ほど過ぎた頃、帰ってこれないという連絡が来るようになりました。

お母さんの体が良くなったことと、経済的なことが理由だと言うことでした。
でもその頃から、夜に電話をしても繋がらないことが多く、メールの返信も以前より時間がかかるようになっていて、少し胸騒ぎがしていました。

でも確かに交通費もばかにはならないし、結婚資金に貯めたいんだと言われたら何も言えませんでした。

ホテルで起こった異変

そんなある時、ホテルであっていた日、彼がお風呂に入っていたとき、彼の携帯のバイブがなりました。
いけないことだとはわかっていたのですが、つい好奇心で彼の携帯を見てしまいました。

すると、わたしだけが呼んでいるはずだった、彼をあだ名で呼びかける、とっても甘い文調の、「京子ちゃん」からのメールが来ていました。
ものすごいショックで、お風呂から出てきた彼に詰め寄りました。

しかし彼は動じることなく、『再近京子ちゃんの彼氏がストーカーみたいになってきたから、新しい男の役を演じているだけ。
その彼も携帯をチェックする人だから、別れに向かえるよう協力しているだけだ』と言いました。

後から思えばそんなはずはないのですが、彼の自信たっぷりの態度に、納得してしまいました。
そして彼はわたしが携帯を見たことについて言及し始め、いつの間にか泣いて謝っているのは私でした。

SponsoredLink

自信満々な彼

それからまた数ヶ月が過ぎたころ。私はまた同じ過ちを犯してしまいました。
同じシチュエーションで、また彼の携帯を見てしまったのです。

すると今度はさらに衝撃的な内容でした。「お母さんと温泉に行ったときにかくすの大変だったよ。もう痕はつけちゃダメだよ!」という文面とともに、赤いあとの目立つ、露わになった胸ギリギリの写メが添付されていたのです。

これはもうダメだ、彼はこの人と浮気しているんだと確信し、携帯をそっと元に戻しました。

あまりのショックと悲しさで、そのとき彼と話をすることはできませんでした。
後日改めて彼にこのメールを問いただしました。

新しい彼のふりをしているだけで、こんな写真を送るでしょうか。
今度ばかりはもう浮気を認めるだろうと思っていました。
でもそのあと別れるのかどうするのか、私の中で具体的なプランはありませんでした。

彼にこのメールの話をすると、私に激怒しました。
以前あれほど言ったのにまた携帯を盗み見たから、ということでした。

でも見られて困るようなものがあるから怒るのだろうと反論し、このメールはどういうことか説明を求めました。
すると彼は、「ふざけてちょっと指で押しただけだ。もちろん服の上から。」そんな言い訳があるでしょうか。指で押したあざとキスマークは全く違います。そんな言い訳を堂々と悪びれもせずにする彼に、あっけにとられてしまいました。

さすがにもう彼と付き合っていく気にはなれず、私から言い出して別れました。その時ももちろん己を省みることなどなく、終始私を責めていました。彼と過ごした4年近くが無駄だったように思えて、とても残念でした。


真っ暗闇の中にいた自分 夫に浮気されていることに気づきました。 夫にバレないように証拠をおさえて、 夫と浮気相手の両方から慰謝料を...
スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Link