離婚が一番の復讐だった旦那の不倫

私が旦那の不倫に気が付いたきっかけは、旦那の普段の私に対する態度が不自然になった事です。
今までの旦那は、私の事が好きな事をいつも態度で表してくれました。
ちょっとした細かい気遣いや、私の好みの物を買ってきてくれたり。
また、私が好きそうな話題をよく振ってくれました。
しかし、ある日から段々と私に対して興味を失ったかの様な感じになってきたのです。
それは2年前の秋、旦那の勤めている会社がパートを募集して、とある女性を雇ってからしばらくした時期でした。
(注)この記事は当サイトにお寄せいただいた体験談を一部編集してご紹介しています。

変わっていった旦那

当時の旦那は、新しく入ったパートの女性を、男性と見れば誰彼構わずに、すりよる奴だと軽蔑していました。
パートの女性はシングルマザーで5才の男児持ちの女性です。
旦那の話によると、男性と見れば誰彼構わずにクネクネとすりより必要以上にボディダッチをしていたそうです。
上は長老と呼ばれる70過ぎのお爺さんから下は未成年のバイトまで本当に男性全員に甘ったるい声ですり寄ったそうです。
当初、旦那はそんなパートの女性を軽蔑して、適当にあしらって居ました。
しかし、会社の飲み会があった日から、旦那が私にあまり会社での話をしなくなったのです。
いつもは毎日会社であった出来事などを話てくれました。
旦那は私と会話をするのが好きだったのです。
しかし、飲み会があった日から旦那はまるで私に関心が無くなったかの様な態度になりつつあったのです。
当時はまだ仕事に疲れているだけかな、なんて思っていました。
しかし、旦那のパート女性の話が段々と変わってくる事で旦那の心変わりがわかったのです。
パート女性の事を旦那は最初は男を見れば誰彼構わずすりよる奴と言っていました。
しかし一か月もすると、健気に働くかばってあげたい女性へと評価が変わっていたのです。

離婚することが一番の復讐

旦那の態度は、不自然極まりないので私は不倫を疑いました。
旦那は会社の中ではパート女性にとって年齢も丁度良いし、本当に男性大好きな女性ならばすり寄らないわけがありません。
旦那は良くも悪くも隠し事が出来ない素直で何でも態度に出てしまう人です。
パート女性と何かあって、パート女性に好意を寄せている事は明らかです。
証拠など無くても旦那を見ているだけで良くわかりました。
もう私に興味の無い旦那には私も必要ありません。
正直な所、私の事が好きな旦那が私は可愛いと思っていたのです。
旦那は学歴も低く、勤めている会社もお給料がとても安いのです。
また、会社の社員も正直あまり尊敬出来る人はいない会社でした。
課長も不倫をしているのできっと会社に旦那の事を聞いても会社は旦那をかばうだろうと思いました。
また、貯金もありませんしパート女性の方にもお金もモラルも無いのです。
私は離婚を決めました。
本来ならば慰謝料を請求したり弁護士を雇って戦うべきなのですが、相手がマトモで無いので意味がありません。
証拠もきっと集める気ならばすぐに集まったでしょう。
しかし、集めた所で旦那もパート女性も慰謝料をはらう能力も払う気も無いのが見えています。
もう何もかも面倒なだけです。
旦那は私の稼ぎが無ければちゃんと生活出来ないくせに、パート女性だってパート代も働く時間も少ないのに。
そう思うと離婚する事が一番の復讐にもなりますし、いっそパート女性と結婚して不幸になればいいなんて思いました。

旦那の不倫相手

旦那の話をまとめると、パート女性は貞操観念がゆるく未だにパート女性の元旦那とも関係があるみたいです。
また、仕事も長く続かずにコロコロと職を変えては辞める人の様です。
すっかりと冷え切った夫婦関係だったので離婚を切り出しました。
私が何も言わなかったし、不倫相手の話を聞いていても怒りもしなかったので旦那は公認の気でいました。
なので不倫相手の事を話す事も多かったし、相手を言わずに遊びに行ってくる事も多かったのです。
離婚を切り出した時も、特に何事も無く「わかった」とだけ旦那は言いました。
旦那は慰謝料なんて発想は無かったみたいです。
本来ならば慰謝料を請求すると言う話をするとびっくりした顔をしていました。
旦那は物知らずだと思っていましたが、ここまでとは思っていませんでした。
旦那はそんなお金は2人とも無いと大声で言いました。
勿論私も分かっています。
きっとあっても払う気が無い事も予想しています。
相手の女性は旦那の話と私の想像では、チンピラまがいのまともな人では無いイメージしか無いのです。
元旦那と結婚前は複数の男性と関係を持っていた事、犯罪自慢をする事など軽蔑する事ばかりです。
また、とても気が強く勝気な性格とも聞いていました。
一旦落とした男性が相手だと今までネコをかぶった態度を止めて女王様気取りになるそうです。
とにかく関わりたくないし、関わるメリットがまるで無いのです。
旦那には、私達夫婦には子供も居ませんし、分ける貯金も無い、アパートを引き払う事くらいしかないので簡単に離婚しましょうと言いました。
旦那は喜んでいる様に見えました。
ノーリスクで離婚して不倫相手と結婚を考えていたのでしょう。

離婚とそれぞれの事情

私はそれで良いと思っていました。
不倫相手の女性と結婚すれば、絶対に不幸になるのが目に見えていたからです。
貞操観念が緩いガラの悪い連れ子付きの女性と結婚しても幸せになれるわけがありません。
収入がかなり低いのにどうやって生活するのか不思議な位です。
私の家の両親は離婚に賛成でした。
元々旦那の事が好きでは無かったのです。
なにせ所謂底辺の旦那ですから将来も不安しか無かったのです。
旦那の方は猛反対されました。
姑さんは、不倫相手の女性が大嫌いなのです。
また、老後の自分の心配もあったのでしょう。
旦那の妹も離婚には猛反対でした。
やはり不倫相手が気に入らなかったのです。
しかし、慰謝料を請求しない事を盾にしましたし、
そもそも旦那が離婚に乗り気だったので問題無く離婚しました。
結局円満離婚と言う事になったのです。
私は不倫相手の女性には会わずに離婚しました。
今では私は地元に戻り、平和に暮らして居ます。
元旦那とは連絡手段も共通の知人も切ったので現状を知るすべはありません。


タイトルとURLをコピーしました