矢口真里の不倫騒動にみる浮気現場の証拠を確実におさえる方法

タレントで元「モーニング娘。」の矢口真里さんが、不倫騒動の末に高額な慰謝料を支払い離婚をしました。

ご主人である中村さんが、直接不倫の現場に乗り込んで証拠をおさえているというから度胸があります。

しかし、素人が浮気の現場をおさえるのはリスクが大きい割に得られるものが少ない場合が多いのでお薦めすることができません。

矢口真里の浮気現場

最初に矢口真里の浮気騒動について報じたのは雑誌「週刊女性」であるという。

夫である俳優の中村昌也は、地方のロケから予定よりも早く帰宅。妻、矢口真里と不倫相手でモデルの梅田賢三が、こともあろうに夫婦の寝室で、ふたりとも全裸のまま寝ている現場に踏み込んだという。

もはや言い逃れができない状況ながら裸のまま梅田はクローゼットに隠れたというから必死だったのだろう。しかし、すぐにクローゼットに隠れているのを見つかり、引きずり出された。寝室で土下座している梅田の様子を、中村は携帯電話のカメラで証拠として撮影したという。

下の画像は、夫である中村が証拠を押さえている場面を再現している。
矢口真里の浮気現場

逆上した中村は、当時近くに住んでいた矢口の母親を電話で呼び出した。そして、全裸の二人には「お母さんが来るまでそのままの姿でいろ!」と指示したという。

切迫した様子を察してか、駆けつけた矢口の母は、その言い逃れができない状況の二人を目の当たりにして、二人と一緒に土下座をして謝ったという。

実は、普段から家事をしない矢口が、自分の地方ロケに行く度に、ベットのシーツや枕カバーを替えていたので、前々から怪しいと疑っていたという。わざと伝えていた時間よりも早く帰宅したのには、そんな理由があったようだ。

そして、結果的に矢口が2,000万円にも及ぶ口止め料を中村に支払い、さらに慰謝料をうわのせして払って離婚するにいたったという。

SponsoredLink

探偵や興信所の不倫調査ではやらないこと

この事件を振り返って、夫である中村はツキがあった。本当に運が良かったという感想を、不倫調査を長くやってきたものほど感じている。

本当のところは当人同士にしかわからないが、妻の不貞を疑い早朝帰宅した中村は、自宅の鍵を持っていたキーで解錠するも、ドアチェーン(ロック)が掛かっていて中に入れなかったという。

自宅ドアをゴソゴソとこじ開けようとしている音を聞きつけた矢口は、パニックに陥り自ら裸のままチェーンロックを開けてしまったという。おそらくそのタイミングで梅田がクローゼットに潜り込んだのであろう。

探偵や興信所の人間は、浮気の現場に乗り込んでいって証拠を押さえるということはありません。少なくとも私の経験上はないです。

そんなことをしなくても、浮気・不貞と疑われる証拠は集められます。主に依頼されて不倫調査をする場合には、◯月◯日◯時◯分に自宅に二人で入り、翌日、もしくは何時間後にどちらか一方(もしくは両者)が出てきた。この記録と写真があれば、ほとんどの場合証拠として認められます。

一度だけだと弱いと思われる場合には、何度かにわたって同様の調査が行われます。しかし、基本的に押さえるものは記録と写真であることに変わりありません。

修羅場には危険も伴う

中村にツキがあったと言いましたが、施錠されている扉の前でまごついている時に、もし矢口がチェーンを開けていなかったら、決定的な証拠を押さえることができなかった。

どんな苦しい言い訳をしても、バルコニーから洋服を着た梅田を逃がすことに成功すれば、全くもって怪しいのですが証拠が無いため妻の不倫を問い詰めることができません。

我々、不倫調査を仕事としていて、これで飯を食っている者から見ると「本当に運が良かったね」というのが本音となってしまうのです。

中村にとっては結果オーライでした。しかし、「修羅場」とはよく言ったもので、素人がにわかに現場に踏み込んだりする場合、逆上した浮気相手が暴力を振るったり、誰かれ構わず危害を加える可能性も捨て切れません。

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】
SponsoredLink

浮気しても離婚しないカップルが実は多い

結果的に中村と矢口の夫婦は、離婚を選びました。

しかし、この証拠の取り方では、夫婦関係が壊れざるをえないでしょう。状況証拠は可能な限り具体的なものが必要です。しかし、正論を振りかざす人がウザがられるのと一緒で、ある程度、相手に逃げ道を残してあげないと、取り返しがつかなくなります。

我々が不倫調査をしていて、浮気の決定的な証拠をおさえたとしても、それを証拠にして離婚するカップルは少ないのが実態です。別れるため、慰謝料をとるために不倫調査をする人は多くないのです。

素人である当事者が、浮気の証拠を抑えようとして動いていると、面が割れているだけに簡単に失敗します。また、パートナーが浮気をしていなかった場合に、疑われたことを根に持ち、将来の二人の関係に禍根を残すことにもなりかねません。

先に記したように、当事者が怪我を負ったりする危険性も少なくありません。そうなっては元も子もないので「モチは餅屋に」不倫調査は、興信所か探偵社に依頼するのが賢明だと思います。

離婚する不倫の証拠の集め方と使い方

SponsoredLink
スポンサーリンク
Sponsored Link