行き先・居場所がわかる不倫調査用のGPS。

自分で不倫調査をされる方は、少なくないです。

不倫調査のために探偵事務所や興信所に依頼に来られる前に「まずは自分で調べてみる」って王道なんですね。

  • 最近、主人の行動があやしい・・
  • どうも浮気をしているらしい・・・
  • まずは自分で、浮気の調査をしたい
  • どこに行っているのかを知りたい

一番重要なのは、調べたい対象(ご主人や奥様)が、どこに行っているのか?だと思います。

自分で不倫調査をする場合に強い味方になる、尾行に使えるGPSを紹介します。

スマホで居場所をチェックできるので、どこにいるのかまるわかりです。
Suica・ICOCA(ICカード)から旦那の立ち寄り先を調べる方法もあわせてお読みください。

不倫調査にGPSのメリット

まずは自分で浮気を調査するために、行き先・居場所がわかるGPS発信機を使うのは、多くのメリットがあります。

  • 立ち寄り先・居場所が地図で一目瞭然
  • 浮気相手の住所も分かるかも?
  • 居場所がわかると、浮気でない行動も分かる
  • 行動パターンが分かると、不倫調査が安くなる

不倫調査を探偵事務所や興信所に依頼すると、一日あたり10万円からの費用がかかります。

調査するターゲットの行動パターンが分からないと、
いつ浮気するかわからないので、ずっと調査し続けることになりかねません。

あまりいいたくはないですが、探偵に依頼して証拠を掴むまでに100万円以上調査費用がかかることも頻繁にあります。

レンタルGPSは、性能の良い機種を借りても一ヶ月5万円以下で済みます。

まずは、尾行用のGPSを忍ばせておけば、行動パターンを把握することが可能です。

本当に会社で残業続きだった・・・
ということもあるので、まずはレンタルGPSで調べることはオススメです。

万が一、GPSを使って調べた結果、本当に浮気をしているようだったとしても、
曜日や日時で、浮気相手に会うパターンが把握できれば、探偵に支払う調査費用が安くすみます。

探偵や興信所がする不倫調査の費用は、ほとんどが人件費です。
調査員を動員する調査日・調査時間を絞ることで、不倫調査の費用は劇的に安くなります。

一刻も早く浮気をやめさせたい、というわけでもなければ、
まずはレンタルGPSを使って、自分で不倫調査をしてみるほうがいいのではないでしょうか。

スマホでリアルタイムに分かるGPS発信機

    GPSにできること

  • リアルタイムで、「いまどこにいるか」を知る
  • パソコンでもスマホでも確認できる
  • 後から過去の地図を確認できる
  • その場所に何分いたのか分かる
  • バッテリー残量が確認できる
  • バッテリーは約30日間稼働
  • 音やブザー、振動などは出ない
  • 防水対策あり
  • 対応エリアは日本全国

デメリットは、貸出数に限りがあることです。
レンタルなので在庫がないと、借りることが出来ません。

小型GPS発信機・GPS追跡レンタル【イチロク】

1位
怪しい行動がハッキリ!GPS

  • 行き先・立ち寄り先がわかる
  • 「今どこにいるか?」がわかる
  • 簡単!スマホで居場所を確認
  • 安心!光・ブザー・振動がでない
  • 1日わずか278円~レンタル

小型GPS発信機・GPS追跡レンタル【イチロク】

1位
早い・安い・上手い探偵の紹介

  • 全国の信頼できる探偵を厳選
  • 調査料金の相見積もりで簡単比較
  • 専属のアドバイザーに窓口を一本化
  • 紹介料は無料!匿名でもOK!
  • 調査料金定価の20~40%OFF

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

フォローする