不倫調査の費用は比較・相見積もりが難しい

パートナーの浮気を心配されているクライアントは、まず探偵事務所に相談にいらっしゃいます。

いろいろ現在の状況などをお聞きして、調査の仕方や金額などを説明します。

クライアントは相談員の話を聞いて、調査を依頼するかどうかを決めます。

現実的に、クライアントが複数の興信所・探偵事務所に行ってから、どこに依頼しようかと決めることは非常に難しいです。
【参考】不倫調査の費用を安くする、たった一つ確実な方法

SponsoredLink

不倫調査費用の比較は難しい

相談を受けた探偵事務所は、不倫調査前に、料金体系の説明と見積もりの概算をご説明します。クライアントはその数字を目安に不倫調査をするかしないか検討されます。

しかし、探偵事務所ごとに、この調査報酬の見積もりの出し方が違うのでクライアントは比較検討が難しいです。これは、先払いで報酬をいただく事務所と、後払いでかかった費用のみ請求する事務所が存在するからなんですね。
【参考】不倫調査費用は先決めで追加料金なし?

先払いの事務所では、最初から不倫調査費用を多めに計上している代わりに追加料金がかかりません。後払いの事務所では、不倫調査が順調に進展すれば費用は最小限に抑えられる代わりに、なかなか決定的な証拠が取れないときには追加費用がかかってきます。

先払い・後払いどちらが良いのか選択するのは意外に難しいと思います。

【追記】不倫調査の費用を最大40%安くする探偵の頼み方で、誰でも簡単に探偵の相見積もりができるようになりました、ぜひご利用下さい。

計算機

断った探偵事務所の報復も怖い?

一方で心理的な顧客心理として、“パートナーの浮気を疑っている”という自分の心理を、誰にも知られたくないという気持ちが強くあります。

当然、相談に行くと、浮気を疑うようになったきっかけ、いつから疑い始めたのか、などを相談員に説明しなければいけません。これは、非常に秘匿性の高い情報なので探偵事務所も注意をしています。しかし、最初から安心してお話してくださる方のほうが希であるといえます。

いくつかの調査会社に相談をした挙句、どこかに調査を依頼する場合。依頼しなかった調査会社に“情報を公開されたりする”嫌がらせを受けるのではないかと心配されるクライアントも多くいらっしゃいます。
【参考】安い不倫調査費用の危険な理由。

先に書いたように、相談事案は絶対に外部に漏れてはいけない情報。相談内容の報告は直属の上司のみ、同僚であっても他の調査員に話すことはありません。おそらく他社でも同じような体制をとっている事務所が多いのではないかと考えられます。
keiyaku

SponsoredLink

さいごに

ほとんどのクライアントは、相談は一社のみ。最初に相談におとずれた調査会社に依頼する傾向が強いと思います。

事務所の雰囲気や、相談者の対応・人柄などで依頼をするかどうか決める人が多いと思います。

心配なようでしたら、ご自分とパートナーのことを話す前に、不倫調査の料金体系や調査方法を先に聞いてみるのもいいかもしれません。

離婚する不倫の証拠の集め方と使い方

SponsoredLink
スポンサーリンク
Sponsored Link